きらきらフェスティバルのイルミネーション2015,2016年日程は?見どころ、点灯時間、混雑状況をまとめました! |

きらきらフェスティバルのイルミネーション2015,2016年日程は?見どころ、点灯時間、混雑状況をまとめました!

   

4b25ed08f9073d20fd8cb76ca5fb85ea_s


 
佐世保のきらきらフェスティバルって?

 
1996年から始まった佐世保市の
きらきらフェスティバルは、
さるくシティ4○3
(四ヶ町商店街、佐世保玉屋、三ヶ町商店街の総称)
の若手経営者が中心となって、
佐世保市内中心地に活気を取り戻すために始めたイベントです。

 
神戸のルミナミエのイルミネーションを参考に、
街をキラキラさせるという意味で、
このネーミングに決まりました。

最初はイルミネーションだけでしたが、
徐々に人気が出るにつれてログハウス、
教会と規模が大きくなり現在ではパンフレットを作成、
記念バッチを配布することで、
一般市民も市民応援団として協力している市民参加型のイベントになっています。

 
そのために市民5000名が乾杯をする
「きらきらチャリティー大パーティ」や、
雪を見る機会がすくない子供達の為に人工雪を降らせる
「クリスマスの佐世保に雪が降る」など色々な催し物が企画されています。


 

スポンサーリンク



 

きらきらフェスティバルのイルミネーション、日程や開催時間は?


 
佐世保市内にある島瀬公園から市街地に掛けて、
100万個の電球でライトアップするきらきらフェスティバルは、
協賛者である市民の皆さんを始め、
市外からも多くの人が幻想的なイルミネーションを楽しみに来ます。


 
昨年の人出は50万人と言われ大変混み合う事で有名です。

 
きらきらフェスティバル▼


 
2015年のきらきらフェスティバルとしての開催は、
11月18日(水)から12月25日(金)まで、
しかしイルミネーションは翌2016年の1月11日まで点灯しています。

点灯時間は午後5時から11時まで。
点灯式が行われる11月18日(水)のみ午後6時からになります。


 

スポンサーリンク



 

きらきらフェスティバルの見所


 
きらきらフェスティバルの見所は、
中心会場である島瀬公園の隣にある島瀬美術センターの
縦37m、横27mの側面をキャンパスとして使った
光のイルミネーションデザインです。


 
公園内には色々なイルミネーションがあり、
木々のライトアップとのコントラストを楽しむ事が出来ます。

 
また約1キロあると言われている「さるくシティ4○3」の
アーケードで行われるきらきらチャティ大パーティは、
5000人が参加する宴会と言えるものです。

飲み物は会場側が用意し、
参加者が食べ物を持参して行うイルミネーションのお花見のようなもので、
2015年は12月3日(水)仮装大会の後に開かれます。

 
参加費は一人1000円、席は早い者勝ちだとか。

 
グループで申し込むこともできるので仲間とワイワイ楽しめそうです。

他にもきらきらミュージックフェア&市民で歌う歓びの歌や、
在日米軍と提携して行っている
TOMODACHI HUNTINGなど見所がたくさんあります。


 

どのくらい混雑するの?何時ごろ行くのが良い?


 
色々なイベントを行っている日程は混みあっています。

しかしきらきらフェスティバルは中心会場だけでなく
市街のアーケードなどに広がっていますので、
イベント会場を避けると比較的に人は少ない様です。

 
祭日、土日にイベントが集中していますので、
純粋にイルミネーションを楽しみたいのであれば、
イベントがない平日が空いていると言えます。


でもイベント楽しそうですよね。
混んでいても楽しんだほうが良いかも知れません。

 

スポンサーリンク



 

 - イベント・お祭り