2016年の干支は、丙申。申の由来や特徴は!? |

2016年の干支は、丙申。申の由来や特徴は!?

   

c9fd1204f7cd036589931cd698ff228b_s


 
2016年の干支は申年、
年賀状にはお猿さんのイラストなどが
付いた年賀状が並び始めました。

皆自分の干支、または家族の干支は知っていても、
十二支をすらすら言える人は少ないのではないでしょうか。

十二支は古代中国で1年を12分割する天文学の一つで、
もともとは農業を表す言葉の漢字だったとか。


 
一般に人にもわかりやすくする為に動物の名前を当てはめたようです。
そのためにそれぞれの干支にはいみがあります。

2016年の申年はこの「申」の意味は樹木が生長していくさまで、
果実が完熟していない状態であることから臨機応変に物事考える、
思慮深いなどの意味があります。


申年の人はポジティブで頭の回転が早いと言われています。
 

スポンサーリンク



 

申の由来や特徴は!?


 
神様が動物たちに「元旦の挨拶に来た順に
一年ずつその年を収めてもらう干支とする、でも12匹まで」
と言い足が遅い牛は皆よりも早く出発し一番に着きましたが、

ちゃっかりしているねずみは牛の背中にかくれ、
神様の所に到着したとたん
牛の背中から飛び出しちゃっかり一番になったと言う話は、
どうも江戸時代以降に作られた話のようです。

 
ちなみに順番とそれぞれの干支の意味は

【子(ね)】子孫繁栄、財
【丑(うし)】転換、堅実
【寅(とら)】始まり、才知
【卯(う)】植物の成長、跳躍、家内安全
【辰(たつ)】生の活動、正義
【巳(み)】生命力、情熱
【午(うま)】豊作、健康
【未(ひつじ)】作物が実る、安泰
【申(さる)】日照りや大火事を防ぐ、臨機応変
【酉(とり)】収穫、親切
【戌(いぬ)】安産、勤勉
【亥(い)】田の神・作物の神、無病息災


となっています。

 

スポンサーリンク



 

2016年の十干は丙、丙ってなに? 


 
さて干支というと十二支の動物ばかり考えますが、
実は干支は十干と言う甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の
10種類との組み合わせで60種類から成り立っているのです。


 
この十干は自然界の意味もつ陰陽五行、
五行は木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)の五つで、
それぞれが陰と陽を持つ頃から十干となります。

申年は12年に一度訪れ、自分の干支の時は年男や年女と言われます。

 
干支はその年の十二支と子の十干が重なったもので、
2016年は丙申(ひのえさる)年となるわけです。


 
この様に古代中国では動物(もともとの意味は農業、方向も現します)と
自然をめぐる5つの意味とそれぞれの陰と陽を組み合わせて、
占いを行っていたと言います。

 

還暦と干支


 
私達が生まれてから12年ごとに迎える年男に年女。
確かに12年は色々な意味で一区切りの年でもありますね。


 
そして私達が60歳になった時に祝う還暦は、
生まれて60年でちょうど干支が一周して還ってくる年となります。

干支がひとまわりしてまた始まる事から、
赤ちゃんを意味する赤いちゃんちゃんこをプレゼンとするんだそうです。

 
還暦って単純に定年と年の区切りだと思っていました。

 
こんな意味があったんですね。
色々と調べてみると面白いですね。


 

スポンサーリンク



 

 - 日々の疑問