盲腸(虫垂炎)になる意外な原因とは?初期症状、判別方法そして対処方法をまとめました! |

盲腸(虫垂炎)になる意外な原因とは?初期症状、判別方法そして対処方法をまとめました!

   

4a2c980501f0cb70723afed63fe27210_s


 
盲腸(虫垂炎)は、
誰にでも起こりうる病気と言われています。


 
そして驚いたのは、
いつ発症するのか分からないところや、
重症化してしまうと死亡してしまうケースもあるということ。

ただの腹痛だと思って、
そのまま放置してしまうと危険です。

 
初期症状や、判別の方法を知っておくと
お腹が痛くなった時に普通の腹痛なのか盲腸なのか
判別してすぐに対処できるでしょう。


 

スポンサーリンク



 

盲腸(虫垂炎)とは?


 
多くの方は、盲腸(もうちょう)と呼びますが、
正式名所は虫垂炎(ちゅうすいえん)と呼びます。


この病気は、
盲腸の先端から出ている場所に
小指位の小さな虫垂が炎症を起こすことをいいます。

 
そして、盲腸の全体が炎症を起こしてしまった場合は、
盲腸炎と呼ばれています。


場所としては腹部の右下になります。

 

盲腸(虫垂炎)になる意外な原因とは?


 
盲腸(虫垂炎)になる意外な原因としては、
過労やストレスとも言われています。


ただ、他にも原因は考えられます。

 
例えば、便秘です。
特に女性に多いようですが便秘になってしまい
虫垂が圧迫されてしまう事により炎症を起こします。

 
他にも暴飲暴食が原因とも言われています。
油が多い食べ物を食べ過ぎたり、
また飲みすぎも身体に良くないです。

 
そしてウイルスや細菌が身体の中に入ってきて
虫垂が炎症を起こしてしまうのです。


また、糞石(ふんせき)が虫垂に詰まってしまう等
原因は幾つかあるようです。

 

スポンサーリンク



 

盲腸(虫垂炎)の初期症状と判別の仕方とは?


 
盲腸(虫垂炎)の初期症状として
一般的に多いのが、みぞおち辺りの痛みです。


お腹が全体的に痛かったり、
吐き気、嘔吐、下痢、微熱等を感じたときも
初期症状と考えていいでしょう。

 
そして、段々と痛みが盲腸(虫垂炎)の辺りになり、
痛みも強くなってくるようです。


 
そして、判別の仕方としては
右下の腹部の部分(盲腸(虫垂炎)の辺り)を押した時に
しこりのような触感を感じたり、
手で押して離した時に強い痛みを感じるようです。

 

対処法として出来ることは?


 
対処法としては、
出来るだけ早く病院へ行くことです。


早く発見出来た場合や症状がまだ軽い場合には、
抗菌薬投与のみで改善する事もあるようなので
出来るだけ早く病院へ行くようにして下さい。

 
ちょっと変だなって思った場合や、
上記で説明した症状が出てしまう場合、
また1日経っても良くならない場合は病院へ行きましょう。


 
以上、盲腸(虫垂炎)になる意外な原因や、
初期症状、判別方法。

そして対処方法をまとめました。


 

スポンサーリンク



 

 - 身体の気になる疑問