ジョギングとランニングの消費カロリーは?ダイエットにどちらが効果的? |

ジョギングとランニングの消費カロリーは?ダイエットにどちらが効果的?

      2015/11/16

726271fd4d37c17f84006ea61078b383_s


 
ダイエットのため、
または健康の維持のために運動を取り入れたいと
考えている方は多いのではないでしょうか。


 
運動の中には特別な道具を必要とするものもありますが、
誰でもすぐに始められる運動として人気が高いのが
ジョギングやランニングです。

 
体力のない方はウォーキングから始めた方が良いかもしれません。

ただ、しばらく運動続けている方の場合、
ウォーキングでは物足りなくなってしまいますよね。


 
体力に余裕があるのならばジョギングやランニングを始めてみましょう。
その時に、どちらを選択したほうがいいのか悩んでしまう方もいるようです。


 

スポンサーリンク



 

そもそもジョギングとランニングの違いは?


 
ジョギングもランニングも走るという意味では同じ運動です。

 
この点は歩くウォーキングとは大きく違いますね。

運動量でいうとウォーキング→ジョギング→ランニングとなります。

ジョギングとは、無理のないスピードで走る運動のことで、
体力に自信のない方はこちらから挑戦した方が良いでしょう。

 
ランニングとはジョギングよりもスピードの速い運動のことです。

ゆっくり走るのがジョギング、
スピードアップしたものが
ランニングだと考えるとわかりやすいでしょう。


 
また、運動の強度が違うため心拍数も違ってきます。

ジョギングは120~130前後と言われているのに対し、
ランニングは140以上となるのです。

 

スポンサーリンク



 

ダイエットに向いているのはどちら?


 
先にご紹介したように運動量が多いのはランニングです。
そのため、消費カロリーもランニングの方が多くなります。


 
まず、消費カロリーについてですが、
メッツというものを使って計算する方法をご紹介しましょう。

メッツとは運動強度の単位のことです。

 
メッツを使ったカロリー計算は
「メッツ係数×運動時間(h)×体重(kg)×1.05=カロリー消費量」
となります。

 
ポイントになってくるのがメッツ係数に入れるべき数字なのですが、
これは運動の種類と速度によって違ってきます。

時速8km…8メッツ
時速10km…11メッツ
時速12km…12.5メッツ
となるので、ジョギングを時速8km、
ランニングを時速12kmとした場合の消費カロリーを比較してみましょう。

 
例えば、体重60キロの方が1時間運動した場合、
ジョギングの場合は
8×1×60×1.05=504キロカロリーとなります。

 
同じく体重60キロの方が1時間ランニングした場合、
12.5×1×60×1.05=787キロカロリーとなるわけです。


 
こう考えると、運動時間は同じでもジョギングから
ランニングに変えるだけで300kcal近い違いが出てきます。

消費カロリーだけ考えると向いているのはランニングだといえるでしょう。

 

続けられる方法を選ぶ


 
ジョギングやランニングの効果は
一日や二日で現れるものではありません。

ダイエット効果を得るためには長く続けることが大切になるのです。

 
先にランニングの方がダイエットに効果的だとご紹介しましたが、
毎日1時間も速いスピードで走り続けることができるでしょうか?

 
それが難しいと感じているのであれば運動時間を30分に減らしたり、
ジョギングを1時間行うようにしたほうが良いでしょう。


 
それに、ゆっくり走っても脂肪は燃焼するので、
自分にとって無理のない範囲で運動を続けていくことが重要になります。

ダイエットは継続が大切なので、
自分に向いているのはどちらかよく考えた上で選択しましょう。


 

スポンサーリンク



 

 - 身体の気になる疑問