七五三のお宮参り、いつごろから予約するといい? |

七五三のお宮参り、いつごろから予約するといい?

      2015/09/28

e90e3ea055fc7c643fd56d65ed77284b_s

七五三の時期になると、
着物を着て出かけている子供の姿をよく見ますね。

七五三とは名前の通りで、
七歳、五際、三歳の時に祝うものなのでしょうか。

その際、お宮参りに行きますよね。
大体いつ頃から予約すればちょうどいいのでしょうか。


気になったのでまとめてみました!

 

スポンサーリンク



 

七五三の意味、由来


 
古くから日本にある風習七五三。

七五三は子供の成長をお祝いし、
その子供の幸せを健康をお祈りをする行事で、
女の子は3歳と7歳、男の子は3歳と5歳、ともに満年齢でお祝いをするものです。
着物を着て神社へ出かけ祈祷してもらうものです。

家族みんなで食事会などをし写真撮影を行う事も多く、
きれいに着飾った写真は一生の思い出に残ります。

 

今の七五三。


 
七五三は11月15日と言われていますが、

現在は10月中旬から11月一杯までの間の休祭日、
または吉日に遠くから祖父母が出てくる予定に
合わせると言う事もあり、
家庭の都合に合わせて決める人が多いようです。


また七五三は写真撮影と食事会のみなど、
家庭の予算に合わせて色々な七五三の形が出て来ています。

 

七五三の計画


 
七五三を計画する時にはお宮参りへの祈祷の予約、
子供の着物や自分たちの服装の準備、
また食事会を行う場合はその準備やレストランなどの予約、
写真撮影のスタジオ選びと予約と、色々調べる事が沢山あります。

神社に行ってお参りをするだけであれば予約は必要ありませんが、
祈祷をお願いする場合には予約が必要です。

 
11月15日はもちろん、
その前後の休祭日、吉日は込み合うことが予想されます。
そのために有名神社であれば、
かなり早く夏を目安に予定を確認し予約をする事が大切です。


どこの神社にするか、その後は写真撮影も食事会も同じ日にするのか?
などを考慮して日程、時間を決めます。

 

スポンサーリンク



 

七五三の日程が決まったら


 
日程が決まったら、晴れの日に着る衣装です。
親子代々引き継いだ着物がある人は良いですが、
貸衣装の場合にはどれにするか選ぶことになります。

写真スタジオでもネットでも七五三の衣装レンタルはありますが、
中には着物だけでな着物に合わせたバックや髪飾り、
ぞうりまでセットでレンタルしてくれる所もあります。

人気がある着物はすぐに予約が入ってしまうために、
衣装にこだわりも持っている人は早くに予約を入れる必要があります。


 
写真撮影の日程は七五三のお宮参りと同じ日にするのか、
子供が長い間着物を着て緊張するのを避ける意味でも別の日にするのかを決めます。

最近は前倒して写真を取る人が多くなっており、写真撮影も予約が必要です。
レンタル衣装、写真撮影に関しては11月15日やその周りの休祭日に、
料金がが高く設定されている事もあります。

 
しかし逆に5月ころからキャンペーンを行い、
早い時期に行うことで安く済ます事もできるようです。

 

七五三の予約は何時から?


 
七五三のお宮参りの時期は11月となっていますが、
必要な事を調べ予約を入れるためには、
少なくとも夏ころから色々な情報を入手することが必要だと言えます。

 

まとめ


 
七五三のお宮参り、いつごろから予約するといい?
いかがでしたでしょうか。

七五三の準備には色々必要でしたね。
せっかくお祝いするのであれば、
出来るだけ完璧にしたいという気持ちはあると思います。

その場合は、出来るだけ早めに予約をする等
計画を立てた方がいいと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク



 

 - 七五三