鼻毛の処理はどこまで?注意点と処理方法をまとめました! |

鼻毛の処理はどこまで?注意点と処理方法をまとめました!

      2015/11/14

547c58ae4a2377c29c808f432a8dc456_s


 
いくら服装をバッチリ決めていたとしても
鼻毛が飛び出していたら格好悪いですよね。

そういったことがないように
定期的にチェックして処理しましょう。

 
ですが、鼻毛の処理といってもどれくらい切れば良いのかわからず
「もしかして切りすぎているかも…」と不安に感じている方もいるようです。

 
実は、鼻毛には大切な役割があります。
そのため、切りすぎてしまうと体にとって良くないのです。



 
どこまで鼻毛の処理をすればいいのかがわからず悩んでいる方は
今回ご紹介する内容を参考にしてみてくださいね。


 

スポンサーリンク



 

鼻毛の持つ役割とは?


 
ご存知の方も多いかと思いますが、
鼻毛は鼻から呼吸をした際にホコリやウイルスなどが
入ってくるのを阻止するという役割を持っています。


 
もしも鼻毛が全くないような状態になってしまうと異物は入り放題です。

そのため、風邪をひいてしまったり、
体調崩してしまうことも増えるでしょう。


 
鼻毛を定期的に処理している方の中で
風邪をひきやすいと感じている方がいれば
もしかしたら処理しすぎているのかもしれません。

 
確かに鼻毛は飛び出てしまうと格好悪いものなどで
片っ端から処理しているという方もいるようです。

 
ただ、鼻毛が持つ役割を考えるとこれはやめておいた方が良いですね。

 

スポンサーリンク



 

どこまで処理するのが正しい?


 
鼻毛の処理は最低限に抑えておきましょう。

どこまで切ればいいのか悩んでいるのであれば、
はみ出ている分だけ切るようにすれば良いのです。

 
まず、鏡をチェックしてはみ出ている鼻毛がないか確認しましょう。

 
ただ、この状態で鼻毛がはみ出していなかったとしても
鼻をかんだりした時に飛び出してしまう毛もあります。

こういった鼻毛が自分でも気づかないうちに飛び出しているものなので、
これを防ぐためには鼻を軽く上から押さえた状態で
飛び出す鼻毛もカットしておくと良いでしょう。

 
これだけで自分でも気づかないうちに
鼻毛がはみ出ていたなんて状況は防げます。


中には鼻の奥まで鼻毛カッターを入れてカットしている方もいるようです。
これは非常に危険なのでやめておいた方が良いでしょう。

 

鼻毛の処理方法


 
どこまで切るのが良いのかをご紹介しましたが、
なにを使って切るのかも重要です。

一番おすすめなのが鼻毛カッターですね。

眉毛用の小さなハサミを使っている方もいますが、
用意しやすいものを選択すると良いでしょう。

 
ただ、大きなハサミを使うのはおすすめできません。

切りにくいだけでなく、
鼻の皮膚にも負担をかけてしまうことがあるので、
鼻毛カッターか眉用ハサミを用意しましょう。

 
注意しなければならないのが毛抜きを使った方法です。

毛抜きを使って抜くのがくせになってしまっている方もいるようですが、
鼻の中はとてもデリケートで荒れやすいということを知っておきましょう。

切るのに比べて抜くという行為は非常に皮膚への刺激が大きいです。
そのため、毛抜きで処理を続けていると
鼻の中か大きな炎症起こしてしまうこともあります。


 
いかがでしたでしょうか。
鼻毛の処理方法についてご紹介しました。


 
邪魔なだけの無駄毛に感じてしまうかもしれませんが、
鼻毛は重要な役割を持っているということを理解し、
切りすぎないようにしましょう。

鼻毛カッターを持っていないという方は
安全に鼻毛を処理するためにも1本用意しておくと良いですね。

 

スポンサーリンク



 

 - 身体の気になる疑問