じゃがいもの芽や含まれる毒、ソラニンは危険!?安全に食べる方法は? |

じゃがいもの芽や含まれる毒、ソラニンは危険!?安全に食べる方法は?

   

f46d51f498dc65bfc2704e98e8fec078_s


 
何気なく食べているじゃがいも。

色々な料理に使われていて、
子供からも人気が高い食材です。

しかし、そんなじゃがいもも、
一歩間違えれば危険な食材でもあります。


 
よく、じゃがいもの”芽は取るように”と、
じゃがいもを料理する際は言われますよね。

なぜ芽を取らないといけないのでしょうか。

 
知らない人はそう思うかも知れません。

そこには、じゃがいもの芽に含まれる毒が
危険とされているからです。


 
そこで今回は、じゃがいもの芽や
含まれる毒(ソラニン)は本当に危険なのか。


 
また、安全に食べる方法についても
ご紹介していきたいと思います。


 

スポンサーリンク



 

じゃがいもの芽の毒について


 
じゃがいもの芽は毒だと言われています。
その為、食べないように気を付けなければなりません。

 
具体的にどんな毒なのかと言うと、
ソラニンやチャコニンと呼ばれている
神経毒の一種になります。


そして、聞いたことがあるかと思いますが
サリンと似たような作用を及ぼすと言われているので、
非常に危険だということになります。

 
それでは、じゃがいもの芽の部分だけ
気を付ければいいのかというとそうでもありません。

 
じゃがいもの傷がついた部分や、
光が沢山あたってしまい、
緑色をしてしまったじゃがいもにも要注意です!


光があたりすぎることによって、
ソラニンやチャコニンが増加している可能性があります。


 

どれ位食べてしまうと危険なの?


 
実際にどれ位食べてしまった場合
危険なのでしょうか。

目安として、
食中毒の症状が出てしまうのが
50mgとされています。


 
そして、死ぬ可能性があるのが
150~300mgとされています。


 
そう考えると本当に危険ですね。

では、食べてしまった場合には
どのような症状が出るのでしょうか。

 

スポンサーリンク



 

食べてしまった場合の症状は?


 
万が一、食べてしまった場合には
どんな症状が現れるのでしょうか?

症状としては主に、

・めまい
・吐き気
・下痢
・嘔吐
・腹痛
・頭痛


 
です。

このような症状が現れた場合には、
じゃがいもの食べたことが原因になるかも知れませんね。

その場合にはすぐに病院へ行くようにして下さい。

 

安全に食べる方法はあるの?


 
じゃがいもは気を付けないと、
食中毒になってしまったり
最悪死んでしまう可能性はあることが分かりました。

 
それでは、安全に食べる方法はあるのでしょうか。

まずは、じゃがいもの芽に毒があるので
芽が出ているじゃがいもは出来るだけ買わないことです。


万が一、芽が出ていた場合には、
しっかりと芽を取り除くようにして下さい。

 
また、同様に緑色をしたじゃがいもも
出来る限り買わないようにして下さい。

万が一、緑色をしていた場合には、
緑色をした部分をしっかりと取り除いで下さい。


 
以上、まとめてみました。

じゃがいもの買う時や、調理する際には
ぜひ参考にして頂ければと思います。

 

スポンサーリンク



 

 - 日々の疑問