眠いのに眠れない原因は、スマホ、パソコンのブルーライトが問題!? |

眠いのに眠れない原因は、スマホ、パソコンのブルーライトが問題!?

   

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s


 
眠いのに何だか眠れない…
その原因に思い当たるものはありますか?

例えば、スマホにタブレット、
それからパソコン。


寝る前までずっとスマホを見ている場合や
夜遅くまでパソコンをしている場合など、
眠れない原因を作っているものと考えていいでしょう。

 
その為、長時間睡眠をとったつもりでも
深い睡眠がとれずに、翌日もスッキリしないのです。


 
今回は、具体的な原因についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク



 

寝る前のこんな行動が睡眠を妨げる?!


 
寝る前にスマホをチェックして、
メールの返信やネットで情報を得たり、
ゲームをする人は以外と多いものですよね。

 
こうした寝る前にスマホをチェックする行動は、
寝る前に脳に情報を与えることになり、
興奮状態を作り出してしまいます。


その為、眠れなくなってしまいます。


 
例えば、子供の頃を思い出してみて下さい。

翌日が運動会や遠足といった行事がある場合
楽しみで眠れないって事ありませんでしたか?

また、お酒を飲みすぎてしまって
脳が興奮状態になり眠れないのと同じです。

 
寝る前にスマホを見ることは、
このように脳に刺激を与えてしまい
興奮状態になって眠れない原因をつくってしまいます。


 

スポンサーリンク



 

ブルーライトとは?


 
そして、もう一つ…
眠れない原因を作っているものがあります。


 
それがブルーライトです。

 
このブルーライトとは、
スマホやパソコンテレビといった
液晶の画面から放っている光のことです。

この光が結構強力と言われています。

更にスマホに関しては、
他の液晶よりも画面が小さく
目との距離も近いので影響を受けやすいのです。

 
こうして眠れない原因を作ってしまっています。

 

それでもスマホが辞められない場合


 
今の時代、スマホやパソコン、
テレビを辞める事は難しいものです。

 
上手に付き合うには、
どうしたらいいのでしょうか。

 
一番いいのは、寝る2時間位前から
こういった電子機器をシャットアウトすることです。


それがどうしても難しい場合は、
せめて1時間…もしくは30分前から
見ないようにするだけでも大分違います。

 
また、パソコンメガネと呼ばれている
ブルーライトの光を遮断してくれるメガネを
使ってみるのもいいかも知れません。


 

まとめ


 
眠いのに眠れない原因として、
スマホ、パソコンのブルーライトについて
まとめてみましたがいかがでしたか。


 
現代では1人1台スマホが、
当たり前になってきているようですが、
上手に付き合っていかないと
大事な睡眠の妨げになることが分かりました。


 
自分の生活の中で、
スマホやパソコンを見る時間を決める等
生活を改めてみるのもいいかも知れませんね!

 

スポンサーリンク



 

 - 日々の疑問