メリケン粉と小麦粉!そしてうどん粉?!何が違うの?用途別に解説しました! |

メリケン粉と小麦粉!そしてうどん粉?!何が違うの?用途別に解説しました!

   

c3cb1fe3222cc07adb502b3785cc1756_s


 
メリケン粉、小麦粉そしてうどん粉
ぜんぜん違うもの?それとも同じもの?


 
料理をするときに使うメリケン粉、小麦粉にうどん粉。
どれも白い粉です。白色で味が無いものです。


そして実はどれも小麦から作られているものなんです。

 
ただその作り方が違ったり、
含まれている成分が違っていたり、
また使われる目的が違って来ることで、
それぞれ名前が違ってくるようです。

 
メリケン粉はアメリカで作られた小麦粉で、
「American」の「A」が」ぬけてメリケン粉と言われているもの。

そして小麦粉は日本の小麦で作られたもので、
薄力粉、中力粉それに強力粉に別れます。


これは料理の材料として使われるものと、
パスタやパンの生地として使われるものなど、
使用目的によって分かれてきます。

 
うどん粉はもちろんうどんを作るための小麦から出来た粉になるのです。
だからメリケン粉、小麦粉そしてうどん粉は同じ小麦から出来たもの。

 

スポンサーリンク



 

メリケン粉で作れるもの


 
メリケン粉はアメリカの小麦で作られるもので、
日本では明治時代のはじめからパンなどを作るために
輸入され始められたものです。


 
当時アメリカの近代的な機械製粉で作られたメリケン粉は、
白くまた高い品質をたもっていたために、
日本の麦粉を分ける意味でメリケン粉と言われています。

メリケン粉は硬質小麦から作られるもので強力粉扱いとなり、
グルテンが多くタンパク質も含まれており、
パンを始め中華面やスパゲッティ等のパスタ、
餃子の皮などにも使われています。

 

スポンサーリンク



 

小麦粉で作れるもの


 
日本で作られる小麦粉は
メリケン粉と同じ扱いの強力粉、
そして中力粉や薄力粉に分かれます。


 
薄力粉は軟質小麦粉から作られる粒が細かくしっとりとした手触り、
タンパク質でもあるグルテンが少ないもので粘り気が少ないのが特徴です。

さっくりとして薄力粉はケーキやカステラなどのお菓子や、
てんぷらの衣、お好み焼きのたねに使われます。


 
小麦粉で作る郷土菓子▼



 
それに比べ中力粉は中間質小麦から作られるもので、
粒は強力粉よりも小さく、薄力粉よりも大きいもので、
水と混ぜると弾力性が高く、
延びがあり生地とした場合に腰も強いために、
うどんやそうめんなどの麺類、
たこ焼きのたねやビスケットに良く使われています。

 

うどん粉で作れるもの


 
うどん粉はうどんを作るのでうどん粉と言いますが、
中力粉と呼ばれる小麦粉が主成分です。


 
日本各地においしいうどんや素麺の産地がありますが、
それぞれの土地で取れた小麦と、
名水と言われる湧き水などを使って
おいしいうどんを作るみたいです。

 
その土地土地が持っているミネラルなどが溶け込んだ小麦と、
自然が生み出したおいしい水が、
名物と言われるうどんや素麺を作るのだと言えます。


 
以上、それぞれの違いについてまとめてみました!
小麦粉ってこうやって見ると面白いですね。


 

スポンサーリンク



 

 - ○○と△△の違いとは?