実印、認印、銀行印の違いとは?知っておかないとヤバイ。利用用途別にまとめました! |

実印、認印、銀行印の違いとは?知っておかないとヤバイ。利用用途別にまとめました!

   

dfee8787548067e7725fe63f0b1a6d58_s


 
突然ですが、実印、認印、銀行印
この三種類の違いを知っていますか?


 
えっ、ハンコにもこんなに種類があるの?
そう思ったあなたはちょっとヤバイかも知れません。

 
また、それぞれに利用用途別がありますが、
それも知らないって思った人もちょっとヤバイかも知れません。

それぞれ名前があるように、
利用用途別がありますのでどれも同じでいいものか、
分からないことも多いかも知れません。

 
今回はこの実印、認印、銀行印の違いについて
まとめてみましたのでぜひ参考にして下さいね!


 

スポンサーリンク



 

実印って何?届け出とか必要なのか?


 
実印、認印、銀行印の中でも、
一番重要なハンコはこの実印になります。


 
この実印とは、役所などで印鑑登録をする事により
法的効力を持つハンコなのです。


印鑑登録をした際の証明書も大事ですので、
ちゃんと保管しておきましょう。

 
この実印と証明書を持っていれば、
本人じゃなくも誰かがあなたの代わりに成りすます事も
出来てしまうので実印が重要だと言えます。


権利や財産をしっかり守る為にも、
この実印は大事に保管する必要があります。

 
他の利用用途としては、
色々なローンの際に使いますし婚姻届の際にも実印を使います。

 

認印とはどんな種類のハンコなのか?


 
実印はとても重要なハンコだと分かりました。

では、認印はどうでしょうか?

 
この認印は一番よく使うハンコになります。

 
ちょっとした書類だったり、
宅急便で荷物が届いた際などにも使われます。

この時に、シャチハタを使う方もいますが、
もちろんシャチハタで問題ありませんし、
そのシャチハタが認印になります。

 
ただ、銀行や保険の加入の際などといった
手続きの際にはシャチハタは良くありませんので、
その時は三文判を使うといいでしょう。


 

スポンサーリンク



 

それなら銀行印はなくても平気?



 
実印と認印があれば、
大体のことは足りるのでは?と思いますよね。

 
銀行印は何に使うのでしょうか。

 
銀行印とは名前の通りで、銀行で使います。

まず口座を開設する時にハンコの登録が必要です。

その際に登録したハンコは、
窓口で預金を引き下ろす際にも使いますので、
銀行印も重要なハンコだと言えます。

 
その為、実印と銀行印を同じ物にしている方が
多いようですが…

同じハンコを使っていて問題はないのでしょうか。

 

実印と銀行印は同じハンコでも大丈夫?


 
実印も銀行印も重要なことが分かりました。

そこで同じハンコを使っても大丈夫なのでしょうか。
気になるところです。

 
同じハンコを使ってはいけないという
決まりはありませんが、
盗難や紛失をした際の手続きが面倒です。


 
実印の登録廃止や、改印の手続き、
金融機関への変更届が必要です。

 
その為、出来ることなら
この三種類のハンコはそれぞれ分けておいた方が
一番いいのではないでしょうか。


 

スポンサーリンク



 

 - ○○と△△の違いとは?