口内炎に塩?!口内炎に塩が効く理由と使い方をまとめました。 |

口内炎に塩?!口内炎に塩が効く理由と使い方をまとめました。

   

204c350b888e526a8211cb1a235205ab_s


 
口内炎の痛みと腫れ物が歯に当たる痛さは

言葉にできないものです。

 
女性・男性を問わず口内炎は会話、仕事、
食事の妨げになり、イライラのもとにもなります。

その口内炎に塩が有効なのを知っていますか?

 
実は歯磨きのときにも「塩配合歯磨き粉」で磨いて
口内炎の炎症を抑えることが出来る効果があると知りました。

 
口内炎で殺菌作用を有する塩は炎症予防を高めて
歯磨きの悩みから口内炎の悩みまで解決してくれます。

梅干しやハチミツも口内炎には効果を発揮します。

 
こうした化学的な効果は「普段の食生活」からはじめると
さらに効率よく口内炎予防の栄養素を摂取できるようになります。



 
味噌汁、牛乳、野菜、大豆、米類などの食事を
バランスよく摂取することで栄養不調も改善されますから
もちろん口内炎は事前に予防できるようになります。

この予防措置がとても大切です。

 

スポンサーリンク



 

予防措置


 
予防措置には生活習慣を改善することをも含みます。

それは「塩水でうがいをする」というものです。
塩水でうがいすることで口内炎は予防できます。

 

その他の効果と作用


 
他にも口内炎に塩を塗りつけると
早く治る体質の人もいるそうです。


塩を塗りつけたら今度は何か甘いものを食べて
塩の苦りを消す工夫も必要です。

 
サンドイッチを食べるまえに
塩水で口をうがいして奇麗にすすぎます。

すすいだら、「Or2ミスト」と呼ばれる
口臭予防スプレーを使いながら塩の残り味を消してしまいましょう。

 
これで食事前にエチケット準備と
口臭予防も出来ているので人前でも遠慮なく食事ができます。

口内炎の痛みも緩和されていきます。

口内炎から出血が起きている場合は
医師に相談したり内科医師の診察をうけてください。


 

原因となるもの


 
口内炎の原因はストレスとビタミン不足から起きる
栄養不調だと言われています。


 
ビタミンDを摂取すると案外早く治ることがあります。

ビタミンだけでなければ「睡眠」をたっぷりと取ることが大切です。
睡眠をたっぷりと取ったら口内炎は無事に治っていることだと思います。

 
治らなくても同じように睡眠とビタミン摂取を
繰り返していくことで治すことができていきます。

 
睡眠不足だと口内炎は必ず起きます。
口内炎が起きないように睡眠リズムには気を使いましょう。

塩水とビタミンDやビタミンCは口内炎を予防する最高の手段です。


 
もし、口内炎が悪化しても1週間で治す方法があります。

薬局で販売されている「マルチビタミン」を2錠飲みます。
1週間続けると口内炎は治っています。

それだけビタミン不足が口内炎と関係あることを意味しています。

 
ストレスはもちろん口内炎のもとになります。

塩水でリフレッシュして口内炎を抑止するのと、
ビタミンを摂取して予防するのでは効果に差があります。


塩水をぬるいお湯でゆっくり溶かしてうがいすると口内炎は予防されていき、
少しずつ6日~10日ほどすると痛みが和らいでいると思います。


 

スポンサーリンク



 

薬と塩で緩和


 
口内炎は薬を飲んでも塩で緩和しても
6日~10日は完治まで時間がかかるものです。


 
私の場合の口内炎は内科医で診てもらいました。
処方箋を塗って10日ほどで完治しました。

完治せずに長引いていると感じる場合には
「口腔用ケナログ」という塗り薬を使ってください。

ケナログを使うと綺麗に治ります。

塩を塗ると痛みを生じて苦しくなるかもしれませんから
「ケナログ」という口腔ようの薬を塗って直したほうが得かもしれません。

 

口腔ケアをしよう


 
口腔ケアは自分で続けていく継続的な形で効果を期待してください。

効果がすぐに現れないことはありますが
「塩配合歯磨き粉」や口腔ケアを続けていれば予防も出来ますし、
口内炎になったとしても回復が早くなります。

 
口内炎を予防して抑えるために
日ごろからの口腔ケアの習慣をもつようにしてください。


 
清潔感と衛星感があって予防できる面も多くありました。
塩で予防したら後は口腔ケアも行います。



 
以上、まとめてみました。

効果的に塩も活用してみて下さい。
早く口内炎が治りますように。

 

スポンサーリンク



 

 - 口内炎, 身体の気になる疑問