新年会の時期はいつからいつまでの間?参加した方がいい行事なのか。 |

新年会の時期はいつからいつまでの間?参加した方がいい行事なのか。

   

0e6fdd3f7b09fb60774f78f9c1885a59_s


 
新年会といえば
年が明けてから行うものではありますが、
具体的にいつまでやればいいのか
悩んでいる方もいるかもしれません。

あまりにも遅くなってから行うと、
果たしてそれを「新年会」と読んでいいのか疑問ですよね。


 
それに、上司から新年会の準備をしておくように言われた場合にも
具体的にいつまでに準備しておけばいいのか悩んでしまうかもしれません。

 

スポンサーリンク



 

基本は1月がおすすめ


 
新年会は読んで字のごとく新しい年に行う会です。

そのため、できることならば
1月を選択しておいた方が良いでしょう。


 
2月に入ってから新年会と言われても、
参加する側も少し不思議に思ってしまうかもしれません。

 
具体的な時期についてですが、
会社の新年会の場合は仕事始めの日に設定するところも多いようです。

ただ、次の日も仕事という日は飲みすぎるわけにも行かないわけなので、
なかなか盛り上がることができないかもしれません。

 
特に、お酒が好きなメンバーが集まっている場合、
次の日も仕事という日は避けておいた方がいいでしょう。

こういった場合には仕事始まってから
初めての週末を選択するのがおすすめです。


 
年末休みやお正月の休みがあると
正月が明けてからの仕事に身が入らなくなってしまうようなこともありますが、
新年会はそういった気持ちを引き締めるためにも効果があります。


 

新年会の日取りを設定する際に注意すること


 
1月というのはどの会社でも新年会を開催しようとしているため、
人気の店舗などはかなり早めに予約を済ませとかないと間に合いません。

 
年末は忘年会の予約をすることばかりを考えがちですが、
一緒に新年会の予約も済ませておくと良いでしょう。


特に年が明けてから1回目、
または2回目の週末というのは
どのお店も新年会の予約が殺到します。

 

スポンサーリンク



 

いつまでに行えばいい?


 
1月中が基本ということについてご紹介しましたが、
いつまでであれば新年会として考えて良いのでしょうか。

 
これは、だいたい2月の半ばくらいまでが
期限であると考えた方が良いでしょう。


 
2月19日ごろまでは旧正月とも呼ばれるので、
新年会を行うのであればこの頃までに済ませておきたいものです。

 
それに、1月中はどのお店も予約で込み合いますが、
2月に入ってからはある程度予約落ち着いてくるので、
人気の店舗でも予約が取れやすくなります。

上司などから時期はいつでもいいから
人気のお店を選択して欲しいと頼まれた場合には
2月中の忘年会を選択すると良いでしょう。

 

新年会には絶対参加しなければならない?


 
会社によっては
自由参加という形を取っているところも多いですよね。


 
お酒や会社の人とのつき合いが
あまり得意ではない人からすると
新年会というのは憂うつな行事でもあるでしょう。


 
近年は会社の行事にあまり参加したくないという方も増えているようです。

ただ、不参加かという形を取ってしまうと
協調性がないと言われてしまうこともあるので注意しなければなりません。

 
実際に、新年会に参加するのは
一つのマナーであると考えている方もいます。


親睦会の一つだと考え、可能であれば参加してみましょう。



 
新年会の時期や必要性についてご紹介しました。

絶対に行わなければならないというわけではありませんが、
新たな気持ちで一年をスタートするためにもぜひ参加してみましょう。

 

スポンサーリンク



 

 - 年末年始, 新年会