父母の香典を孫が包む相場・予算金額は?恥をかかないためのマナー |

父母の香典を孫が包む相場・予算金額は?恥をかかないためのマナー

   

b428449ad419966dac09405f892ce279_s


 
何事にも相場というものがあります。

今回は、香典についての相場です。

孫が父母の香典を包む場合の相場、平均予算について
恥をかかないためのマナーとして知っておいた方がいいでしょう。


 
ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク



 

香典の相場の一般的な金額は


 
香典の相場としては
一人5000円から1万円が相場だと言われています。


 
これは亡くなった方との関係が祖父母と孫である場合も同様です。

 
結婚式などの身内と違って香典となると
身内だからたくさん香典を出すということをしなくてもいいのです。

 
このくらいの金額になる理由というのが、
親族や知人、友人などを招いて、
お坊さんのお経が終わって食事会などが開かれると思います。

その時の食事代を含めた一人一人の金額が大体この値段となるのです。

 
ですから相場としての5千円から1万円という金額が決まってくるのです。
また身内でも3千円でもいい場合があります。


 
これは相場とうよりもそれまでの習慣がものをいう場合もあります。

特に地方では暗黙というか昔ながらの取り決めがある場合がありますので
それに従うのが一番いいでしょう。


 

スポンサーリンク



 

お供え物や手土産について


 
また、供え物や手土産などとして故人が好んでいた物や
菓子折り果物などを持って行く場合もあるでしょう。

 
もっとも葬式となると突然のことが多く、
取るものも取りあえずということが多いので
備えものや手土産というのはそれほど大事なものではありません。


それでも持って行く場合は香典の金額が低くても構わないといえるでしょう。

 
地方ではお供え物が多いところもあるのですが、
最近では香典として渡すケースが多いです。


 
ちなみに夫婦の場合は併せて2万円包みことも
孫としては祖父母への一般的な相場と考えてもいいでしょう。

 
突然の葬式での香典ではすぐにお金が用意できないこともありますが、
それは後日包んでも問題はありません。


また手土産として菓子折りを持って行くといい場合もあります。

 

地域によっても違いがある


 
香典の金額などは実際は地域などによってかなりの違いがあります。

香典(御仏前)はなくて供物だけだったりとか。
一律3千円でよかったり、千円だったりするところもあるのです。


もっとも身内であればもっと出さなくてはいけないでしょう。

高齢化の進む過疎地では葬式が頻繁に起こることも考えられますので、
相場を低く抑える取り組みをしているところもあるのです。


 
もっとも、相場観というのが大事で、
こういった場合身内に聞いいてしまうのが一番てっとり早いといえます。


 
特に身内の場合は、後で集計するときに、手伝いをする場合もあります。
そのときに恥をかかない程度の香典を包んでおかなくてはいけません。

 
こういったマナーを社会人としては
しっかりと持っておかなくてはいけないのです。

 
祖父母の香典を孫が包む場合は、
予算金額なども考えなくてはいけませんが、
それよりも相場の方が大事であることはいうまでもないのです。

 
聞いても誰もよくわからないといった場合は、
相場の5円から1万円を包んで、お供え物か手土産をもって行くといいでしょう。
そのくらいになると間違いはなく、かつ恥をかくこともないといえます。


 
事前に母親などに聞いて確認しておくと一番間違いないのですが、
頻繁に起こることではないので、
親に聞いてもあやふやということはよくあります。

それでも実際には恥ずかしくないくらいの金額を包みたいですから、
5千円、それで不安でしたら1万円ということになるでしょう。



 
以上、父母の香典を孫が包む相場・予算金額
恥をかかないためのマナーをまとめてみました!

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク



 

 - 日々の疑問