大掃除を年末・年始にするのは何故?大晦日の大掃除の由来は? |

大掃除を年末・年始にするのは何故?大晦日の大掃除の由来は?

   

a5cc10f686b88b9401975253a8bc9536_s

 
年末といえばバタバタタして何かと忙しい時期ですが、
大掃除もしなければなりません。

ただ、大掃除の由来や意味についてよくわからないと
「別にやらなくてもいいんじゃない?」とか、
「年を越してから暇な時にやろう」と考えてしまうかもしれません。


 
ですが、年末に大掃除を行うことには大きな意味があるのです。
今回はそんな大掃除の意味や由来についてご紹介します。


 

スポンサーリンク



 

どうして年末に掃除をする?


 
年末はやらなければならないことがいろいろあるわけですが、
そんな中であえて時間のかかる大掃除をするのには
どんな理由があるのでしょうか。

 
これには、1年分の汚れを落とし、
新たな年にやってくる歳神様を迎える準備をするためという理由があります。


 
新年になると歳神様がやってくるのですが、
その時にはきれいなおうちでお迎えしようというわけですね。


それに、しっかり大掃除を済ませておくと
新年をすがすがしい気持ちで迎えることができます。

 
新しい年が始まる前に家の中の汚れを落とし、
気持ちも切り替えてみてはどうでしょうか。

 

大掃除の由来は?


 
なにが由来かというと、
これは「すす払い」というものだとされています。


これは江戸時代に大奥で行われたもので、
屋敷に積もったすすや汚れを取り除く作業のことです。

 
これらのことは旧暦の12月13日に行われていました。

この12月13日というのは
正月を迎える物忌みが始まる日とされているためです。

 
物忌みとは何かというと、
暦の凶日にある災いなどを避けるために
身を清めた上で一定期間の家にこもることをいいます。

 

スポンサーリンク



 

年明けの大掃除について


 
大掃除は年末年始のいずれかに行えば良いと
考えている方もいるかもしれません。

ですが、先にご紹介した通り、
年末に掃除を済ませて
歳神様を迎える準備をしておくのがおすすめです。



 
こういった理由もあってか
昔から正月に掃除をするのは良くないことと言われてきました。

年末年始の掃除といっても、
年始に掃除をしてしまうと福の神が逃げるとまで言われています。


 
ただ、年末はどうしても忙しく、
年明けにしか大掃除ができないという方もいるでしょう。

そういった方は年末の掃除は軽めに済ませ、
正月が終わってから大掃除をするのも良いですね。

 
近年は年末に大掃除の時間が取れないということで
ゴールデンウィークを大掃除期間にあてている方も多いそうです。


ゴールデンウィークといえば長期連休ではありますが、
だからこそどこに出かけても人が溢れています。

その瞬間を大掃除にうまく活用し、
家の中の汚れを落とすのも良いでしょう。


 
年末年始に大掃除をしようと思っている方は、
ゴミの収集日についてもチェックしておかなければなりません。


通常のスケジュール通りではない可能性も高いので、
確認した上でどのように掃除を進めていくか考えましょう。

なにも考えずに手当たり次第片付けてしまうと
ゴミの収集タイミングに合わずお正月にはごちゃごちゃした部屋で
過ごさなければならないこともあるかもしれません。


 
ということで大掃除を年末年始に行う理由や由来についてご紹介しました。

大掃除は1年に一度の大掛かりな掃除と考え、
普段滅多に掃除しないようなところも丁寧に綺麗にしてあげると良いですね。

 
新年を新たな気持ちで迎えるためにもしっかり掃除しましょう。

 

スポンサーリンク



 

 - 年末年始