クリスマスのリースを飾る意味とは?なぜリースを飾るようになったのか。 |

クリスマスのリースを飾る意味とは?なぜリースを飾るようになったのか。

   

bb63507dfc1ca6ee7b9088c6438fbe5f_s

 
クリスマスといえば日本でもおなじみの
大きなイベントです。

盛大に飾り付けをしてパーティを行っているという方も
多いのではないでしょうか。

 
ですが、クリスマスの飾り付けをしていて
リースは何のために飾るの?との意味があるの
当疑問に思ったことがある方もいるかもしれません。

 
クリスマスのリースを飾る意味として
どんな理由があるのでしょうか??


 

スポンサーリンク



 

そもそもリースとはなに?


 
簡単に説明すると、花や葉、
木の実などを使って作られた装飾用の輪のことです。


一般的には壁やドアに飾ります。

 
そのリースの中でもクリスマスに飾るクリスマスリースは
体表的なものだといえるでしょう。

クリスマスが近くなると
自分でリースを手づくりするという方も増えてきました。

クリスマスリースの教室が開かれることもあるので、
手づくりしたいと思っている方はそういったものを利用するのも良いですね。


 
また、すべて作られた完成しているもののほか、
作成キットも販売されています。


こちらは通販などでも購入可能となっているので、
自分で作ってみたいと思っているものの材料を用意したり
教室に通うのが難しいという方におすすめです。

 

クリスマスリースには意味があった


 
ただ飾り付けの一環としてリースを飾っているわけではありません。
ちゃんとした意味があるのです。

まず、リースを想像してみてください。
トゲトゲした葉っぱが使われているものが多いですよね。

 
リースにはヒイラギなどの常緑樹が使われることが多いのですが、
このトゲトゲした葉がイエス・キリストが
十字架に架けられた時にかぶせられたイバラの冠を
象徴しているという説も有力です。



 
また、ヒイラギは赤い実をつけます。
こちらはキリストの流した赤い血を意味しているとされ、
どちらもリースの定番だといえるでしょう。

 
それから、松ぼっくりを使ったリースも定番ですよね。

このように作物を使うことによって豊作を祈願するという意味もあります。

 

輪になっているのはなぜ?


 
クリスマスリースといえば、丸い形が定番です。

これにも理由があります。

輪にすることにより、
永遠の命・愛を表しているとされているのです。


 
このことから、イエスキリストの永遠の命を
願い飾るという意味も持っています。

 

スポンサーリンク



 

色にも意味がある


 
クリスマスリースには定番といえる色があります。

まず、赤です。

ヒイラギの実やリンゴなどで表現される赤にはキリストの血、
寛大な愛といった意味があります。

次に葉で表現される緑には永遠の命や愛といった意味があるのです。


 
リボンなどで白を取り入れる事がありますが、
白には純潔、雪、純心といった意味があり、
ベルなどで表現される金には希望、富、豊かさといった意味が含まれています。

 

豆知識

 
クリスマスリースといえばクリスマスパーティを終わったらすぐに
取り外してしまう方は多いようですが、
本場ではクリスマスの4週間前から2月2日まで飾ります。


すぐに取り外すのがもったいないと感じていた方は
こちらを参考にするのもおすすめです。


 
クリスマスといえばツリーやリースを飾るのが定番であるため、
あまり意味を考えずに楽しく過ごすのも良いでしょう。

 
ただ、リースの意味について知っておくと
ちょっとした知識として知り合いに披露できますよね。

今年のクリスマスを盛り上げるための小話の一つとして
覚えておいて見てくださいね。


 

スポンサーリンク



 

 - クリスマス