くしゃみを簡単に止める方法・対処法をまとめました! |

くしゃみを簡単に止める方法・対処法をまとめました!

      2015/10/31

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s

 
会議の最中や先生が話をしている最中。

そんなシーンとしている中でくしゃみが出そうになって
困ってしまったことはないでしょうか。

特に静かな中でくしゃみをしてしまうとかなり目立ちますよね。

 
ですが、どうしても鼻がムズムズしてどうしようもない時には
勝手にくしゃみが出てしまうこともあります。

 
そんなくしゃみではありますが、
実は簡単に止めることができるのです。


そこで、簡単に実践できてくしゃみを止めるのに効果的な方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク



 

簡単にできる方法


 
・ツボ押し

鼻がムズムズしたらすぐに迎香(げいこう)というツボを押しましょう。
これは小鼻の脇にあるのですが、
「くしゃみを我慢していてもうギリギリ!」
という段階では少し遅いかもしれません。

何となく鼻がムズムズしてきたような…と感じた時点で
すぐに小鼻の脇を4~5回押しましょう。



 
・鼻の下を強く押す

いわゆる「カトちゃんぺ」のポーズです。
鼻の下を指でぎゅーっと押すとそれだけでくしゃみが止まります。


こちらも先にご紹介したツボ押しと同じ原理なのですが、
やはりくしゃみが出る直前では遅いことも多いので、
鼻がムズムズした段階ですぐに押しましょう。


 
・鼻から思いっきり空気を吸い込む

鼻がムズムズしてきたらすぐに思いっきり鼻呼吸で息を吸い込みます。

こちらは先にご紹介した二つの方法に比べると
失敗してしまう可能性が高いのですが、
先にご紹介した方法はどちらも手を使わなければなりません。

ケースによってはすぐにツボ押しができないこともありますよね。
そういった時はこちらの方法を実践してみてはどうでしょうか。

 

スポンサーリンク



 

そもそもくしゃみが出るのはなぜ?


 
くしゃみは何のために出るのかというと、
鼻の中に異物が入ってきたことが関係しています。

それをできるだけ強い風で体外に押し出すために
くしゃみという生理現象が発生するわけです。

 
そのため、鼻の中にホコリやウイルスが入ってくるとくしゃみが出ます。

掃除をしている最中にくしゃみが出てしまった経験があるという方は多いかと思いますが、
これは体が鼻に入ってきた異物を取り除こうとしている防衛本能なわけですね。

 
つまり、くしゃみを無理やり止めてしまうというのは
体の中に異物が入ってくるのを許すということでもあります。


できることならばくしゃみをしそうになった時は
してしまった方が良いでしょう。

 

くしゃみを出す方法


 
くしゃみを止める方法についてご紹介しましたとか、
その逆でくしゃみを出す方法についてもご紹介しましょう。

 
何となく鼻がムズムズしているのにくしゃみが出そうで出ない…。
そんな状況を経験したことがある方も多いはず。

そのまま放置しても良いのですが、
一度治まったと思ったくしゃみが突然出てきてしまうこともあるので注意が必要です。

 
くしゃみを出す方法としては次のようなものがあります。

 
・強い光を見る

長時間強い光を見続けるのはおすすめできないので、
一瞬だけ見つめましょう。

太陽や電気を見たところ鼻がムズムズしたことはないでしょうか。
これは鼻と目、耳の神経が繋がっていることが関係しています。

 
・鼻の中を刺激する

電気を見てもくしゃみやが出ないようであれば
こよりなどを作って鼻の中を直接刺激する方法もあります。

こちらもあまり行うと強い刺激に繋がってしまうので、
無理に行うのがおすすめできません。

 
くしゃみを出したくない時、
出したい時には今回ご紹介した方法を実践してみてくださいね。



 
以上、くしゃみを止める方法をまとめてみました!

 

スポンサーリンク



 

 - くしゃみ, 身体の気になる疑問