鼻血が朝に出る場合は何かの病気のサイン? |

鼻血が朝に出る場合は何かの病気のサイン?

   

0eb9d77f913053136a9f54fb6c7236bf_s

 
何もしていないのに鼻血が出る場合、
何かの病気なのか心配になってしまうことありますよね。

しかもそれが朝起きた時だったらどうでしょうか。
更に心配になることでしょう。

 
そこで、鼻血が朝に出る場合は何かの病気のサインなのか
調べてみました!!


 

スポンサーリンク



 

鼻血が朝に出る原因とは?


 
鼻血が朝に出るのはどのような原因が考えられるでしょうか?

 
原因①無意識に鼻を触っている

 
「朝、目が覚めたら枕やシーツが血まみれになっていた」
なんていうときは、
無意識のうちに鼻をいじっていることがほとんどです。

特に子供は鼻をいじるのが癖だったりするので、
朝起きてみると鼻血が出ているといったことが起こるのです。


 
また、直接に手で鼻をいじっていなくても、
寝返りを打つときに鼻を枕や布団に擦りつけてしまうのも
よくあるケースなのです。

そのように擦り付けただけで血が出るのは、
鼻の粘膜が弱っているために、
ちょっとした衝撃でも出血しやすくなっているのです。
当然ですが、粘膜が完全に回復すれば、鼻血は出なくなるでしょう。


 
原因②急激に血圧が上昇している

 
鼻の粘膜が弱ってくると、
急激に血圧が上昇するだけで、鼻血が出てしまうことがあります。


これは急激に血圧が上昇することで、毛細血管が破れてしまうからです。

これは風船を一気に膨らませてしまうと、
すぐにパンと割れてしまうことと良く似ています。

そのようなイメージを持つとわかりやすいかもしれません。

 
人間の血圧は常に変化していますが、
起床前後は血圧が上がりやすい時間帯となります。


特に朝のうちにバタバタと慌てて身支度をしていると、
急激に血圧が上昇しますから、
結果的に「鼻をかむ」「顔を洗う」「朝シャワーを浴びる」
といった動作をするだけで、
鼻血が出ることにつながってしまう可能性があるのです。


 
原因③病気

 
朝だけ鼻血が出るといった病気はありませんが、
何らかの病気が原因となって
鼻血が出やすくなっている可能性はあるかもしれません。

 
たとえば、高血圧や動脈硬化、
糖尿病などで血管がもろくなってくると、鼻血が出やすくなります。


また、白血病など血液の病気でも鼻血が出やすくなります。

単に鼻の粘膜が弱っていることで、
鼻血が出やすくなっているのであれば、それほど問題ではありません。

特定の条件が重なっただけで、
たまたまいつも朝のうちに鼻血が出ているとも考えられます。

 

スポンサーリンク



 

鼻血が朝に出るときの対処方法は?


 
①マスクをつけて寝る

いつも朝に目が覚めたら枕やシーツが鼻血まみれになっている」
という方は、マスクをつけて寝るとよいでしょう。


寝ているとき、無意識に鼻をさわるのを防ぐことができますし、
万一鼻血が出てもシーツを汚すことを防いでくれます。

 
それと一番いいのは、鼻の内部の乾燥を予防できることです。

これで毛細血管を傷つけなくて済むので一石二鳥ですが、
息苦しくてついつい外したくなるんですよね。


 
②クリーム・軟膏を塗る

粘膜が弱くなっている場合、
クリームや軟膏を塗るのも効果的です。


最初は鼻の内部のクリーム・軟膏を塗るのに違和感を感じますが、
だんだんと慣れてきます。


 
③爪を切っておく

寝ているときに無意識に鼻をいじってしまう場合、
鼻の内部を傷つけないためにも爪を切っておくとよいです。


特にお子さんがいつも朝に鼻血を出すという場合には、
しっかり爪を切ってさらにつま先を丸く研いであげましょう。


 

まとめ


 
朝が忙しいと急激に血圧が上昇します。

さらに粘膜が弱っていると、
それだけでも鼻血が出ることがあります。


 
その対策としては「時間に余裕を持つ」しかありません。

いつもより15分早く起きるだけでも全然違いますから、
ぜひ実践してみましょう。

 

スポンサーリンク



 

 - 身体の気になる疑問, 鼻血