部屋が暑い場合の対処法は?お金をかけずに出来ること。 |

部屋が暑い場合の対処法は?お金をかけずに出来ること。

   

3092b594387976da880f943cf9ebad9b_s

 
夏の暑い日は外にも出たくなくなります。

かといって、家にいたらいたで今度はエアコン等で
電気代が余計にかかってしまいます。

そこで、夏の暑い日に家で過ごす場合、
なるべくお金をかけないようにする方法を考えてみましょう。

 

スポンサーリンク



 

暑い日は部屋に熱がこもりがち


 
昔の家と違って現在の家は密閉性が高いので
熱が外に逃げずに熱気が家にこもりがちとなります。

それでも、外があまりに暑いと、
お金があってもなくても外には出たくないものです。

 
外に出れば、汗は大量にかくでしょうし、日焼けはするし、
水分が不足すれば熱中症の危険性も出てきますから
とにかく暑い夏の外出は厄介なのです。

かといって、家にいれエアコンのある家ならともかく、
エアコンがない家であれば窓を開ければ、
網戸にしなければ夏には虫が入ってきます。

窓を閉め切っていると、
部屋の向きによっては外からの照り返しの熱によって
部屋に熱がこもってしまって、
下手をすると外気温よりも暑くなってしまうこともあるのです。



 
真夏は、外気温が35℃を超えた場合、
熱がこもってしまう部屋では、
室内温度が40℃を超えてしまうこともあります。

それで、お金がないので、
なるべくお金を使わないようにするのはもちろんのこと、
通常の生活も節約しなければならないのです。


 

エアコンをなるべく使わないならどうすればよいか


 
暑い時は、外に出るとお金が掛かってしまうので
なるべく外にも出ないということを考えがちです。

それでもエアコンを効かせていたら、
家にいたらいたで電気代がかかってしまうのです。

 
そこで、なるべく電気代がかからないように考えてみます。

 
答えは簡単、部屋の空気の入れ換えをするわけです。

「そんなのは基本で当たり前のことだろう」という意見もあるでしょう。

ただ窓を開けただけでは、
風のない日などは空気の入れ換えはまったく出来ません。

 
まずは、居室の窓とドアを開けて、
その窓からなるべく対極にある窓を開けるのです。


すると、空気の流れが出来ます。
風が生じる原因というのは、
空気の比較的冷たいところと暖かいところとの気圧の差で
空気の流れが出来れば室内の空気の入れ換えが出来るわけです。

 
これによって、室内の熱のこもりと湿気が回避出来るのです。

但し、網戸にしないと虫が入ってきますので網戸は必須となります。
そして、居室側の窓のそばに扇風機を置くとより効果的となるのです。

 

スポンサーリンク



 

水の気化熱で冷却効果を


 
昔の人の知恵になりますが、
スイカを冷やす為に、
バケツに水を入れてそこにスイカを浮かべて、
その上に手ぬぐいやタオルをかぶせるという光景を
覚えている人はどれだけいるでしょうか。

 
これは、スイカの表面が塗れた布で覆われて、
更には布によって表面積が大きくなり
空気に触れることで水が蒸発しやすくなります。

その際に生じた気化熱を奪うことによって冷えるのです。


 
注射する前に、消毒用エタノールを含んだ脱脂綿で拭いた時に、
ス~ッと冷えるのと同じ理屈ですね。

熱がある時に、
濡れタオルをおでこに乗せるのもそれと同じ理屈です。

よって、電気代を節約したく、
尚かつエアコンをつけては寒くなりすぎると感じた時は、
濡れタオルをおでこや首にまいてひんやり感を味わうのです。

体温ですぐに温まってしまったら、
今度は、また水で濡らすようにします。

 
他には空気に触れさせる為に軽く濡れタオルを振り回したり、
扇風機の風に当ててみるのもいいでしょう。


 
これで結構冷たくなるものです。

今回ご紹介させて頂いたものを実際に試してみて下さいね。
少しでも涼しく過ごせたらいいですね!

 

スポンサーリンク



 

 - 日々の疑問