冬のボーナスの時期はいつ?新入社員で平均いくらもらえるの? |

冬のボーナスの時期はいつ?新入社員で平均いくらもらえるの?

   

479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_s

 
昨今はアベノミクスだとかで景気が上向きだと
テレビなんかで耳にする機会も増えてきましたが、
新入社員の人が気にはなっているけど
なかなか聞けないのがボーナスの事についてだと思います。

 
そこで今回はこの4月に入社した新入社員がもらえる
ボーナスについて考えてみます。


平均でいくら位もらえるのでしょうか?
気になるところですよね。

 

スポンサーリンク



 

ボーナスは給料とは別に支給される特別な賞与


 
そもそもボーナスは給料とは別の特別賞与のことです。

日本では夏と冬の年2回の支給が多くなっています。

 
しかし、あくまで特別手当ですから毎年必ず支給されるものとは限りません。

会社の業績に応じて支払い金額を調整される事もあるので、
会社の規定で金額が定められている場合でも会社の経営が危うい、
あるいは傾いているとなるとボーナスは削減
あるいは支給されないということもあります。

 
また中にはボーナス自体を制度として導入していない企業も多いので、
入社時というよりも就活の際に規定を確認しておく必要があります。

 

スポンサーリンク



 

新入社員が確認したいボーナスの支給時期


 
まずはボーナスの具体的な支給日を見てみます。
特徴としては民間企業と公務員ではボーナスの支給日が違う事です。

 
夏のボーナスの支給日は、
民間企業は6月下旬から7月上旬で、公務員は6月30日頃です。

冬のボーナスの支給日は民間企業は12月上旬から中旬で、
公務員は12月10日頃となっています。

 
このように民間企業と公務員とではボーナスの支給日に違いがあります。

 

新入社員が初めてボーナスを受け取れるのは冬から


 
では4月に入社した新入社員は
いつからボーナスをもらう事ができるのでしょうか。

 
これも公務員と民間企業によってバラつきがあります。

 
公務員の場合、入社したその年から
夏のボーナスを一部、受け取ることが出来ます。

民間企業の場合では、入社したその年から
夏のボーナスを一部受け取ることが出来る可能性があります。

しかし一般的な民間企業の場合は冬からボーナス支給となることが多いのです。

夏のボーナスの支給が6月と言うことは4月に入社して、
まだ3ヶ月というところです。

 
一般的に社員として入社しても、
たいていの企業では3ヶ月というのは試用期間です。

そういった意味合いもあり、新入社員の夏の賞与はほぼゼロですし、
出たとしても寸志という意味合いが強いでしょう。

その代わりその年の冬のボーナスは満額出ます。

 
ですから、基本給の2ヶ月ということであれば
自分の基本給の2倍はボーナスが支給されるのです。


 
昨今は成果報酬型というかけ声が良く聞こえるのですが、
決まった金額を支給する従来型の支給方式を採用する企業が多く
給料の何ヶ月分というボーナス支給の形態は
これからも続いていくことは間違いありません。

 

新入社員で平均いくらもらえるの?まとめ


 
一般にボーナスの支給額は基本給の数か月分と言われています。

しかし企業の経営状態や業績によって変動があるので
明確な額は一概にはここで言うことができません。

 
ただネットの声を聞いてみると冬のボーナスの一般的な平均は
基本給の2か月分が妥当なようです。


 
景気が上向いているとはいっても、
中小企業まではなかなかその恩恵を受けられていないので新入社員の場合、
冬のボーナスもなしという企業も少なくないのです。

基本的にボーナスとは“特別”なもの。

つまり臨時収入ですから寸志程度でも
新入社員にとってはもらえるだけありがたいものなのです。

 

スポンサーリンク



 

 - 日々の疑問