部屋を涼しくする簡単な方法をまとめてみました! |

部屋を涼しくする簡単な方法をまとめてみました!

   

8efab9998903e236a2ed2e86b304d72c_s

 
部屋を涼しくするための方法といえば、
エアコンをかけるというのが一般的です。

ですが、他にも様々な方法があるので、
エアコンが苦手という方も今回ご紹介することを
参考にしながら部屋を涼しくしてみてください。

 

スポンサーリンク



 

部屋を涼しくする5つの方法


 
1.風通しをよくする

とても簡単で効果的なのがこの方法です。
締め切った状態の部屋では空気が動かないため、
熱い空気がこもりがちの状態になってしまいます。

 
窓を大きく開けることが大切なのですが、
一つの窓を開けただけでは空気の通り道ができません。

そこで、二つ以上の窓を開けるのが効果的です。

対角線上にある窓を開けるとさらに効果が大きくなるので、
家の窓をすべて開け放つのも良いでしょう。

 
家の中の温度よりも外の方が暑いというケースもあるかもしれませんが、
それでも風の流れを作った方が体感的な気温が下がることが多いです。


 
2.家の周りに打ち水をする

気化熱を利用した方法です。
家の周りの土やアスファルトに水を撒きましょう。


無理に冷たい水を用意する必要はないので、
風呂の残り水でも良いかもしれませんね。

 
注意しなければならないこととして、
気温が高い日の昼間に打ち水をしたとしても逆効果になってしまうことがあります。
打ち水は一瞬で水蒸気になり、その水蒸気が蒸し暑さを悪化させてしまうのです。

昼間よりも朝や夕方に行うのが効果的だとされていますが、
昼間に打ち水をする際には簡単に蒸発しない日陰をねらうと良いでしょう。


 
3.扇風機を使う

エアコンは電気代が気になるという方でも
扇風機であれば積極的に使えるのではないでしょうか。

電気代はエアコンの10分の1とまで言われています。

電気代を心配してエアコンも扇風機も使わずに過ごすのではなく、
積極的に扇風機を使うと良いでしょう。

 
部屋の中の暖かい空気は天井付近にたまります。

そのため、扇風機の風を天井に向け、
部屋の中から暖かい空気を追い出すのも効果的です。


部屋を涼しくする方法というと夏場の暑さ対策ばかり考えがちですが、
気温が落ち着く春や秋でも部屋の中に熱気がこもってしまうと
暑いと感じてしまうことがあります。

夏が終わったら早々に扇風機をしまうのではなく、
暑さが落ち着くまで様子を見たいですね。


 
4.体を直接冷やす

部屋を涼しくする方法とは違いますが、非常に効果的です。

体の中でも太い血管が通っているところを冷やすと体温が下がるので、
凍らせた保冷剤をタオルに巻き、首や脇の下にあてましょう。


これを実践することにより、
部屋の温度が高くても涼しさを感じることができます。


 
5.すだれやよしずを使う

部屋の中に直接光が当たらないようにすだれやよしずを使うと、
部屋の温度が上がるのを抑えることができます。


家の中ですだれやよしずを使っている方もいるようですが、
これでは効果が半分ほどになってしまうので注意が必要です。

ベランダでもかけられるタイプのすだれやよしずもあるので、
役立ててみてはどうでしょうか。

 

スポンサーリンク



 

まとめ


以上、部屋を涼しくする簡単な方法をご紹介しました。
必ずしもエアコンを使わなければ
部屋を涼しくできないというわけではありません。

電気代をかけずに部屋を涼しくする方法もたくさんもあるので、
暑い日には今回ご紹介した内容をぜひ役立ててみてください。

 

スポンサーリンク



 

 - 日々の疑問