年末の大掃除のコツを一挙公開!部屋のどこから始める?効果的な掃除方法とは。 |

年末の大掃除のコツを一挙公開!部屋のどこから始める?効果的な掃除方法とは。

      2015/10/21

4ab6df04122e10e3352cf37ba87d5052_s

 
年末の一大イベントといえば大掃除です。

ですが、いざ掃除を始めようと思ったものの、
なにから手をつければいいのかよくわからないという方も多いはず。

そうこうしているうちに大掃除を始めるのが遅くなってしまい、
年末にバタついてしまうという方もいるようです。

 
そこで、大掃除は部屋のどこから始めればいいのかについてご紹介します。

 
また、効率よく大掃除を進めるために
知っておきたいポイントについてもご紹介するので、
参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

どこから始めるもの?


 
目についたところから掃除を始めてしまうと、
無駄な時間がかかってしまいます。

人によってどこから始めるかは違いますが、
水周りから始めるのが一般的です。


 
次に、部屋の中でもどこから始めればいいのかというと、
奥から手前にかけて、そして上から下にかけて行いましょう。

これは、先に手前から始めてしまうと
続いて奥を掃除する際にどうしても手前が汚れてしまうからです。

掃除は上から下に行うというのは基本中の基本なので、
大掃除だけでなく普段の掃除でもそのように行ったほうが良いでしょう。


 
例えば、先に床を綺麗にしたとします。

その次に本棚を掃除したり電気を掃除してしまうと、
綺麗にしたはずの床にホコリが落ちてしまいますよね。

そうなると最後にまた床掃除をしなければなりません。

 
このような二度手間にならないようにするためにも、
まずは高いところから掃除を始めましょう。

これは一つの部屋の中に限った事ではなく、家全体でも同じことが言えます。
つまり、2階建ての家の場合は2階から掃除を始めるということです。


 

スポンサーリンク



 

具体的な手順は?


 
まずは部屋の換気をしましょう。

掃除中は部屋の中にたくさんのホコリが舞ってしまうため、
換気を忘れてしまうと掃除が終わった後に
喉が痛くなってしまうこともあります。

次に、部屋に散らかっているものを片付けます。

 
続いて上から下に掃除をするのですが、
せっかくの大掃除なので、
滅多にやらない天井の掃除をするのもおすすめです。

気づくと床にホコリが落ちているという方も多いかもしれませんが、
多くのホコリは天井にたまったあと床に落ちてきます。

 
そのため、床を掃除する前に天井のホコリを掃除機で吸ったり、
ハタキで落としておきましょう。

電気はカサを外したうえで掃除します。

特に多いのがホコリ汚れですが、
ホコリを掃除する際のポイントとなるのが濡らさないということ。


濡れ雑巾を使って掃除をしようと思っている方も多いかと思いますが、
濡らした雑巾が活躍するのは先に掃除機などでホコリを吸い取ってからです。

乾いたホコリを濡らしてしまうと取れにくくなってしまうだけでなく、
泥のような状態になってしまい、汚れに繋がることもあるので注意しましょう。


 
大掃除といっても通常の掃除とそれほど手順は変わりません。

ただ、年に一度の大掛かりな掃除であるため、
めったに掃除できない本棚の裏や冷蔵庫の裏なども念入りに掃除したいですね。

 

まとめ


 
いかがでしたでしょうか。
大掃除のポイントなどについてまとめました。

 
今回ご紹介したポイントを参考にしていただければ
効率よく大掃除を済ませることができるでしょう。

年末は大掃除以外にも様々なことをしなければならないので、
スムーズに終わらせてその他の準備に時間をかけたいですね。

 

スポンサーリンク



 

 - 年末年始