集中力を高める食べ物とは?効果的な食べ方も合わせてまとめました! |

集中力を高める食べ物とは?効果的な食べ方も合わせてまとめました!

   

c0588509fa01a95f6d210a37da7d82c8_s

集中力を高める方法はたくさんありますが、
食べ物の中にも集中力を高めるのに
役立ってくれるものがたくさんあります。

 
集中力を高めるためには、
脳のエネルギー元となるブドウ糖を取り入れることが重要です。

薬局ではブドウ糖のみも販売されていますが、
できることならばブドウ糖が含まれる食べ物を取り入れると良いですね。


 

スポンサーリンク



 

集中力を高める食べ物


 
基本中の基本として、三食しっかり食べましょう。

中でも朝食はしっかり取っておかないと
午前中の集中力ダウンにも繋がってしまいます。

主食となるご飯やパン類にはブドウ糖もたくさん含まれているので、
集中力のアップに繋がるでしょう。


 
飲み物では、砂糖が入っているコーヒーや
ペパーミントティーがおすすめです。


砂糖が入ったコーヒーは血糖値を上げて
脳の働きをサポートしてくれるだけでなく、
コーヒーが持っているカフェインが脳を刺激してくれます。

ペパーミントには脳をしゃっきりさせる効果があるので、
集中したいのについウトウトしてしまうという方にも効果的です。

また、ペパーミントには睡眠妨害効果もあるため、
眠気が襲ってこないように予防する効果もあります。



 
それから甘いものを取るのも効果的です。

中でもチョコレートは試験勉強や受験勉強のお供として
取り入れている方も多く、とても効果的な食べ物だといえるでしょう。


頭をしゃっきりさせる効果だけでなく、
記憶力や集中力、思考力を高める働きもあります。

 
そして何となく集中力が落ちてきたと思った時に
手軽に取り入れたいのがドライフルーツやナッツ類です。


ドライフルーツといえばとても甘みがありますが、
この甘みは、元の糖分ともいえるので、
健康的に甘い物取り入れたいと思っている方も選択すると良いでしょう。

もちろん取りすぎは良くありませんが、
ドライフルーツであれば調理する必要もないので
手軽に取り入れやすいですよね。

 

スポンサーリンク



 

効果的な食べ方


 
集中力を高めるためには
脳のエネルギー元であるブドウ糖が大切だとご紹介しましたが、
ブドウ糖が含まれる食べ物を取り入れたとしても
消化されるまでには2時間ほどの時間がかかってしまいます。


そのため、集中力を高めたいと思っている時間の
2時間ほど前に取り入れると良いでしょう。

例えば、朝の試験が9時からあるという場合は、
7時までに朝食を取り終えておくと効果的だということです。

 
お腹がすいてくると集中力が低下してしまうので、
集中したい時はお腹がすきすぎないうちに食事を取りましょう。

こまめに食事を取っていれば血糖値が下がるのも防げるので、
大幅に集中力が落ちてしまうようなことも防げます。


 

食べ物以外で集中力を高める方法


 
いくつかありますが、
簡単なのがろうそくの炎を見つめるという方法です。


集中してゆらゆらと揺れる炎を見ていると、
心も穏やかになるので、何となく気持ちがイラついて
集中できないという方も試してみると良いですね。

 
次に、思い切って休憩を取るというのも効果的です。
ほんの5分ほどでも良いので、
作業や勉強の手を止めて目をつぶり、ぼーっとしてみましょう。


仕事が忙しかったり、
時間に追われているとなかなかこういったことは難しいかもしれませんが、
休憩を挟んだ方が作業にも集中しやすくなるため、
結果的に効率の良い作業ができるでしょう。

 

まとめ


 
集中力を高める食べ物とは?
効果的な食べ方も合わせてまとめましたがいかがでしたでしょうか。

基本的には三食しっかり食べるのがいいでしょう。
集中したい時には今回ご紹介した方法で
集中力を高めてみてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

 - 集中力