クリスマスプレゼントをあげる意味とは?必ずあげないといけないのか。 |

クリスマスプレゼントをあげる意味とは?必ずあげないといけないのか。

   

8b2b7c5ad9d2c3b2fcc5d3338811ae6f_s

クリスマスといえば、親は子どもに、
そして恋人どうしてプレゼントを渡すのが習慣にもなっていますよね。

ですが、そもそもクリスマスプレゼントの意味って?
と疑問に感じたことはないでしょうか。


 
こういった疑問があると、
なぜクリスマスプレゼントをあげなければならないのか
不満に感じてしまうこともあるかもしれません。

 
親が子どもに対してクリスマスプレゼントをあげる意味といえば
一般的には「1年間良い子にしていたご褒美」として考える方が多いようです。


よく親が子どもに対して「悪い子にしているとサンタさんが来ないよ」
なんて言う話も聞きますよね。

 

スポンサーリンク



 

そもそもどうしてクリスマス=プレゼントという習慣になった?


 
これは、クリスマスがキリストの降誕を祝う日
だということが関係しています。

 
本来はキリストに敬愛を捧げるために
プレゼントを用意するという形だったのですが、

現在では大切な人や尊敬している人に対して
その気持ちをささげるためにクリスマスプレゼントを送るのが一般的です。


 

必ずあげなければいけない?


 
結論から言ってしまえば、
必ずあげなければならないわけではないものの、
あげないと相手の期待を裏切ってしまう可能性があります。

 
例えば、恋人がいる方の場合、
クリスマスといえば恋人にとっての重要なイベントでもありますよね。


 
そこで、世の中のクリスマスプレゼント事情についてご紹介します。


 
まず、予算についてですが、これは人によってかなり違うようです。

最近は中学生でも恋人がいて
クリスマスプレゼントを渡す方も増えてきているようです。
この場合の予算は、1,000円~5,000円ほどが相場となっています。

 
次に、高校生の場合についてですが、
高校生になるとアルバイトする方も増えますよね。

それに、クリスマスの前はプレゼントを買うために
積極的にバイトする方もいるようです。

ただ、クリスマスプレゼントの相場としては
中学生と同じく1,000円~5,000円が相場となっています。

 
大学生になるとも相場は上がり、
8,000円~と考えている方が多いようです。

 
大人になれば10,000円以上のプレゼントを渡す方も増えます。


 
プレゼントは金額ではなく気持ちだとか考える方が多いかもしれませんが、
中には相手からもらったプレゼントの金額を気にする方もいるようなので、
ご紹介した相場を一つの参考にしてみてくださいね。


子どもにあげるプレゼントの相場についてですが、
こちらも家庭によってかなり違いがあるようです。

小学生に上がる前の小さな子どもに対しては
1,000円以下のプレゼントで済ませるという方もいますし、
小さい子どもだからこそ質の良いおもちゃを買ってあげるという方もいます。


 

スポンサーリンク



 

贈りたいものを贈ろう


 
クリスマスプレゼントを贈る意味についてですが、
これはやはりひとつのイベントとして考えた方が良いでしょう。

そのため、相手がいらないというのであれば
無理に用意する必要はないかもしれません。


 
ただ、日本においてもクリスマスといえば
プレゼントを贈るものという習慣が根づいているわけなので、
大切な人に日頃の感謝や尊敬の念などを伝えるためにも
プレゼントを活用してみてはどうでしょうか。

 
普段口に出しにくい想いをプレゼントに添えて伝えるという方もいるので、
贈り物をする一つのイベントとしてクリスマスを楽しみましょう。

 

スポンサーリンク



 

 - クリスマス