クリスマスプレゼントはいつ渡すもの?24日?それとも25日?! |

クリスマスプレゼントはいつ渡すもの?24日?それとも25日?!

      2015/10/31

588fc7754f70dfa10c00113b50309b59_s

クリスマスプレゼントを贈る場合、
いつ渡せばいいのか悩んでしまいますよね。

24日はクリスマスイブ、25日はクリスマス…。
特に深く考えることなく、
年によって変えているという方もいるようです。

 
ですが、せっかくならば正しい日に渡したいもの。
これは、自分で直接渡すのかどうかによっても変わってくるでしょう。


 
例えば、子どもが寝ている間に
枕元に置いておこうと思っている方もいれば、
恋人に直接手渡そうと思っている方もいますよね。

それぞれの場合でクリスマスプレゼントは
いつ渡すのが正しいのかご紹介します。


 

スポンサーリンク



 

子どもの枕元に置くのはいつ?


 
そもそも、クリスマスプレゼントを
寝ている子どもの枕元に置くというのは、

子どもにとって「寝ている間にサンタさんが来た」
と考えてもらうためですよね。

 
そのため、サンタさんがやって来るのはいつなのか考えなければなりません。

 
候補として挙げられるのは23日の深夜と24日の深夜です。

このうち、一般的には24日の深夜に
クリスマスプレゼント枕元に置いておきます。


できることならば、時計が0時を回り、
25日になってから置くと良いでしょう。

 
家でクリスマスパーティーをする場合などは、
親が「サンタさんから預かっていた」というスタイルで
パーティーの最中にクリスマスプレゼントを贈る方もいます。

どちらを選択するかというのは家庭によって違うので、
いろいろ考えてみると良いですね。


 
ところで、24日の朝にクリスマスプレゼントが受け取れるように、
23日の夜から24日の朝にかけてプレゼントを置いておくのはだめなのか?
と疑問に思う方もいるでしょう。

これは、クリスマスがいつなのかということを考えるとわかりやすいです。

 
日本では24日も25日もクリスマスとしての扱いは
それほど変わりありませんよね。

ですが、そもそもクリスマスとはイエス・キリストが降臨した日のこと。

 
海外では日が沈むと新しい1日が始まると考えられているため、
クリスマスは12月24日の日没~12月25日の日没前ということになります。



 
そう考えると24日の朝にプレゼントが置かれているのは少し早いわけです。

それに、仮に24日の朝にプレゼント受け取った子どもが、
24日に友達と会った場合、
「普通プレゼント25日にもらうものだよ」
なんて言われてしまったら少しかわいそうですね。

 

スポンサーリンク



 

手渡しする場合は?


 
恋人や友達にクリスマスプレゼントを手渡しする場合、
こちらも24日と25日のどちらに
渡せばいいのか悩んでしまいますよね。

24日にしか会えない、
25日にしか会えないといった都合もあると思いますので、
渡しやすい日を選ぶと良いでしょう。


 
ただ、先にご紹介したようにクリスマスというのは
厳密には12月24日の日没~12月25日の日没前となるわけなので、
最適なタイミングとして挙げられるのはこの間です。

恋人同士で夜にデートを検討しているという場合は、
24日を選択すると良いですね。
昼間のデートを検討してるならば25日も良いでしょう。


 

まとめ


 
クリスマスプレゼントはいつ渡すもの?
24日?それとも25日?!とまとめてみましたが、
いかがでしたでしょうか。


実際にはなかなか都合がつかず、
クリスマスよりも前にクリスマスプレゼントを贈ったり、
25日を過ぎてから贈ることも珍しくありません。


このあたりは個人の都合に合わせて考えてみると良いでしょう。

 
というわけでクリスマスプレゼントはいつ贈るのが良いのか?
ということについてご紹介しました。

何日に贈ろうか悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

 - クリスマス