寒中見舞いで結婚報告や出産報告をしても大丈夫?文例もご紹介! |

寒中見舞いで結婚報告や出産報告をしても大丈夫?文例もご紹介!

   

2b5d846395dcaa6db61be7e112d0993a_s

喪中とは知らずに年賀状を送ってしまった
喪中なのに、年賀状を受け取った・・

そんな経験をしたことありませんか。

 
挨拶が一方通行になると、
無用な心配が生じてしまうことはよくあります。

 
知らなかったということで大目に見てもらえますから、
それほど失礼なことではありません。

年賀状は不幸のあった翌年に届くのですから
全く失礼には当たらないという意見もあるのです。


喪中で、年賀状が送れなくても、
年に一度の報告をしたい人は多いことでしょう。

 
そういった際に近況を伝える方法はもちろん存在します。

 
近況報告やお礼、お詫びなど松の内が明けてから
寒中見舞いとして改めてご挨拶状をお送りすると良いでしょう。


 

スポンサーリンク



 

そもそも寒中見舞いとは


 
寒中見舞いはがきのことですが、
通常は年賀状だけのご挨拶になっている人もいることでしょう。
というか年賀状のみとなっていることのほうが多いように思います。

 
別に挨拶は年賀状のみの年に1度と限らなくてもいいです。

 
翌年まで近況報告がご無沙汰にならないように寒中見舞いで
近況をお知らせするのはおかしなことではありません。


むしろ儀礼的な年賀状よりも寒中見舞いはがきのほうがより親密度が増すのです。

 
寒中見舞いとは、厳冬期に相手をの体調を気遣いながら
お互いの近況を報告しあう季節の挨拶状です。


喪中時のご挨拶だけではなく、
年賀状の発送や返信が遅くなってしまった場合、
季節のご挨拶程度の場合にもしばしば利用される汎用性の高い挨拶状なのです。

 
ちなみに寒中とは、二十四節気の「小寒」と「大寒」にあたる期間で、
1月5日の寒の入り頃から2月4日の立春の前日頃までを表します。
この立春になると「寒中」ではなく「余寒」を使用します。

 
寒中見舞いは松の内を過ぎてから(これは1月7日以降、
地域によっては1月15日以降)1月下旬までを目安に投函するのが
現在では一般的となっています。


 
年賀状は年末の忙しいときに書くもので、
そんな時間のないという人もいるでしょう。

 
年賀状を出さずに事項の挨拶として寒中見舞いはがきを出す人も
近年とは言わず昔からたくさんの人が挨拶状として利用してきたのです。


 

スポンサーリンク



 

寒中見舞いに結婚報告や出産報告をする場合


 
寒中見舞いは、寒さが一番厳しいとされる厳冬の時期に
相手の体調を気遣うとともに、
自身の近況を伝える為に送る挨拶状といえます。

喪中の場合には年賀状の代わりに
新年のご挨拶をするものでもあります。


 
ですから、その寒中見舞いに結婚の報告や出産の報告もする場合には、
寒中見舞いとしての季節のご挨拶と共に書くとよいでしょう。


 
また、出産報告や結婚報告は必ずしなくてはいけないものではありません。

自身の喪中や相手の喪中に出すのも気が引けるという場合には、
少しずらして出しても構わないのです。

 
ここでは、寒中見舞いに出産報告を兼ねる場合には
どのような文章を書けばいいのか、ここで文例を紹介します。


 
「寒中御見舞い申し上げます。

 喪中ということで、年頭のご挨拶を差し控えさせていただきました。
 静かにご越年のことと存じます。

 寒さが一層厳しくなるなか、何卒お体を大切にお過ごしくださいませ。

 さて、私事ではございますが、昨年11月に長男を出産し、
 家族が一人増え、お陰様で皆元気で過ごしております。

 このようなご報告と新年のご挨拶が遅れましたことをお詫び申し上げます。
 本年も家族ともどもどうぞよろしくお願いいたします。」



 
このような内容がよいでしょう。
また自分自身が喪中の時でも同じような内容で書くことができます。

寒中見舞いのほうが文面も多く、
より暖かみのある挨拶状となるのでもらった人も
きっと暖かい気持ちになることでしょう。

 

まとめ


 
寒中見舞いで結婚報告や出産報告をしても大丈夫?
文例もご紹介致しましたがいかがでしたでしょうか。

日本には寒中見舞いや暑中見舞い等に加えて
結婚報告や出産報告等もあり迷う事も多いですよね。

 
今回は文例もご紹介致しましたので
参考にして頂ければと思います。

 

スポンサーリンク



 

 - 寒中見舞い