インフルエンザの流行時期は?今年2015年はいつから始まる?ピークはいつまで? |

インフルエンザの流行時期は?今年2015年はいつから始まる?ピークはいつまで?

      2015/10/20

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

冬場になると流行が始まるインフルエンザですが、
流行時期はおよそいつからいつまでの期間なのか?
その期間の中でピークはいつごろになるのか?

これは毎年気になるところです。

 
実は、インフルエンザの流行の時期というのは、
「インフルエンザの型」によっても時期や流行状況が変わってきます。


毎年インフルエンザの予防接種がありますが、
今年はこの型が」流行るだろうという予測のもとに行われているのです。


 
ここでは今までのインフルエンザの流行から、
ある程度予測できる時期などをまとめてみました。


 

スポンサーリンク



 

インフルエンザの流行する時期は?


 
インフルエンザが流行する時期は、
冬場という認識で間違いないのですけど、
その具体的な時期は、「11月~3月頃」となっています。

それでも早い時には、10月~11月頃から
インフルエンザの流行の兆しが出始めている場合もあります。

その年によって多少の違いはあるものの、
おおよそこの辺りの時期に多くなっています。

 
インフルエンザには
・A型
・B型
・C型

このそれぞれのインフルエンザですが、
C型は流行性や症状も弱くて「いつ罹ったのかわからない・・」
といった場合もあるくらいで、風邪の症状にとてもよく似ています。

 
しかもこのC型は一度かかったら免疫ができるので、
再び罹る可能性がほとんど無いとされているので、
A型やB型に比べると、さほど注意の必要はないとされています。


そうなると問題は他のA,B型についてです。

これらの流行時期ですが、A型は主に「11月から1月頃」、
B型は主に「2月から3月頃、さらに春先(5月頃)くらいまで」
といったように流行の時期に違いがあります。

 
しかし、B型は今のところ、
ヒトからヒトへの感染経路しか確認されていないことと、
形態の変化がA型のように次々変わることがないため、
A型に比べると流行性は低くなっているのです。

概要的にはこのような流行の状況となっているので、
毎年この時期は注意しないといけない、といった予測ができるのです。


 

スポンサーリンク



 

新型インフルエンザの流行の場合


 
通常私たちがインフルエンザと呼んでいるのは、
「季節性のインフルエンザ」のことを指しています。

 
ただ、2009年に世界的に大流行した新型インフルエンザは、
冬場だけでなく8月でも感染していた人もいて、
真夏のインフルエンザ」とも呼ばれていました。

新型のインフルエンザは真夏の高温に耐性を持って出現することもあるため、
一年中猛威をふるうような恐ろしい時もあります。
新型の場合は特にニュースなどできちんと情報を仕入れておくのが大切です。

 

インフルエンザの流行はいつまでなの?


 
上のように季節性のインフルエンザでは、
主に「11月から3月頃」に注意すればいいということになります。


 
ですので、予防接種を受けて対策をしておこうと考えるのであれば、
この時期に合わせるように受けておくのが望ましいです。

 

まとめ


 
毎年インフルエンザはどの型が流行るかわかりません。
まずは最初にかかったインフルエンザから対策を取っていたのでは
遅いので予測を立てて予防接種をしているのです。

C型以外ではA型かB型かということですから、二つに一つです。

予想もたいていは過去のデータなどから行っているので
ほとんどの場合で当たっているようですからそれほど心配する必要はないでしょう。

 

スポンサーリンク



 

 - インフルエンザ