静電気の原因は何?!体質との関係性をまとめました! |

静電気の原因は何?!体質との関係性をまとめました!

   

c9f893b026b2ada4f5d9ac3ed8373fbd_s

静電気は冬の乾燥した季節だけのことかと思ったら、
夏場でも静電気を身体に帯びてしまう人もいるようです。

このように静電気を帯びやすいのは体質が、
一つの原因ともいう見方もあります。

もっとも「静電気体質」というのは科学的根拠がないとされています。

 
その原因とは一体何なのでしょうか?
体質との関係性をまとめてみました!!


 

スポンサーリンク



 

どうして静電気を帯びやすい体質になるのか?


 
静電気の原因や対策、
そしてそれを克服するにはどうしたらいいのでしょうか。

 
そもそも、静電気が発生するのは、
湿度20%以下、温度25℃以下」という条件下でなりやすく、
冬場によく静電気を帯びるのはそのためなのです。


湿度が20%以下というのは冬場でしかありえません。

日本の夏では常に50%以上ですから
冬場に静電気が多いのもうなずけるというものです。

 
ただ、夏場でも静電気自体は発生しているようですので、
空気中の湿度が高いため、自然放電されているので、
冬場のように静電気が帯びにくいとされているのです。

ですからまれに条件が合って静電気の影響を
夏場でも受けてしまうことがあるのです。

そして、静電気を帯びやすい体質の人とそうでない人の違いがあるようで、
静電気を帯びやすい体質の人は、夏場でも感じることがあるということですね。


それでは、どうしてこのような静電気を帯びやすい体質になるのでしょうか?

その原因として考えられることがあるのでいくつかまとめてみました。

 

静電気体質になる原因


 
○ストレス
○不眠
○食生活の乱れ
○血流の悪さ
○肩こり、腰痛、関節痛
○お肌の乾燥(乾燥肌)


 
以上のような原因が考えられるのですが、
ではこれらに対してどのような対策を取っていけばいいのか?

次に、静電気体質の人が行う対策について、
まず最初に始めたいことをまとめました。

 

静電気体質の対策はどうすればいいの?


 
静電気体質の人は、
上の項目で自分があてはまる点が有るかどうかチェックして、
一つでも該当するものがあったら
それに対して対策を行っていくのがセオリーです。


具体的にどのような対策を取るといいのかですが、
上で挙げた項目の多くは、「生活習慣の乱れが原因」ということが
見てもすぐにわかると思います。


 
様々な面で影響を及ぼす生活習慣の乱れなのですが、
静電気に関しても関わっている可能性があるというわけです。

肩こり、腰痛、関節痛なども血流の悪さ(血液のドロドロ)が、
原因の一つとして可能性がかなりあります。

これらの対策の一つとして、
まず始めておきたいのが「食生活の乱れを改善すること」です。


食生活の乱れは、血流の悪さやストレス、
そして不眠や肌の乾燥などに直結しています。

静電気体質の原因につながっている可能性が高いため、
まずはここから改善していくのが良いかと思います。

それでは静電気体質改善に効果のある食生活の改善について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク



 

静電気体質の改善するためには?


 
静電気体質を改善するのに
必要だと思われるのが食生活の改善ですが、
具体的にはどのようなことをすればいいのでしょうか?

まず大切なのは、
「ジャンクフードなどの食べ物を取らないようにする」ことです。


 
今の時代それは無理かもしれませんが極力取らないようにします。

これはジャンクフードなどばかりでは栄養が偏ってしまうため、
血液がドロドロになってしまうからです。

 
脅かしているようですが、
これは間違いのない調査結果ですのでたまにならいいのですが、
日常的に摂取しているようでしたらまずはそこから改めなければいけません。

 
それでは、どういった食べ物を摂るようにすればいいのかということですが、
ミネラル(カルシウム、ナトリウム、マグネシウム等)を
多く含む食品を摂ることが大事です。


これらは血液の流れを改善していく働きがあるからです。

食材だと例えば、野菜類、豆類、海藻類、芋類などです。

また、血流をサラサラにするだけではなく、
「血管拡張」にも注意したいところです。

 
血管が狭かったら流れも悪くなるので、
ほうれん草、人参、ブロッコリー、キャベツ、
白菜、大根などの野菜類が良いとされています。


 
これらの食材で鍋をつつくのもおいしそうです。

また、水分が不足していることでも血液の流れが悪くなってしまうため、
水分補給はこまめに行うようにしましょう。


 
食生活の改善は血液の流れの作用もありますが、
ストレス緩和などの面でもジャンクフードなどは
あまり摂らないほうがいいですね。

 

まとめ


 
これらの静電気体質の原因や対策については始めにも記したように、
科学的な根拠が無いため、統計的な部分も多く入っていますが、
生活習慣の乱れを正すことは、
静電気体質改善以外にも多くの意味を持ちます。

 
また静電気対策として、
グッズを使ったり予防法を身につけたりすることで、
その悩みを軽減することも可能になります。

上手に活用して静電気を防ぐ事が出来ればいいですね!

 

スポンサーリンク



 

 - 静電気