お年玉は何歳まで?いつまであげるべき?ランキング公開! |

お年玉は何歳まで?いつまであげるべき?ランキング公開!

      2015/10/20

24a4b46cae17566b9d63fe2758d30766_s

子供の頃はお正月なると楽しみだったのがお年玉

このお年玉の習慣は
日本や中国と言ったアジア独特のもののようです。

お年玉の「玉」は魂の事でお年玉を貰うことで
神様から力を分けてもらうと言う意味だったとか。


子供の頃はお正月できるだけ親戚にあって、
多くのお年玉をもらえるように色々とが策した人も多いのではないしょうか。

 

スポンサーリンク



 

お年玉親にとっては。


 
子供は色々な人からお年玉をもらえますが親は違います。

子供がもらった分相手にも子供がいたら
逆にお年玉を渡さなければいけません。

お年玉は上げる子供の年齢でも違いがあります。

あまり金銭価値がわかっていない幼い子供であれば、
お金の代わりにその子供が好きなおもちゃや千円位でもかまいませんが、
高校生くらいになってくると千円では物足らず、
相場として五千円から一万円をお年玉として渡すと言われているようです。


 
また子供がいない家庭でもお正月に子供がいる親戚にお年玉を上げる事が多々あり、
自分達には子供がいなくともお年玉は渡すので、
お金が出て行くばかりだと愚痴を言う人もいるようです。

子供に取っては嬉しいお年玉も、
親に取っては子供がもらう分相手にも払っていると言うのが本音です。

そのためにお年玉のやり取りを主に行う親戚間で、
年齢によってお年玉の金額を統一すると言う所もあるようです。


 

お年玉いつまであげるべき?


 
小さい子供はおもちゃをもらったり、
小額でもお年玉をもらうととても喜んでくれ、
上げるほうも楽しみがありますが、

大きくなってくるともらったお年玉をどの様に使おうかと、
もらう前からそれを当てにしている子友達もおり
一体いつまでお年玉を上げるべきか?

悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 
お年玉は上げる子供の家族とどのくらい親密に付き合っているかによっても、
その金額や対象となる子供の年齢がかわってきます。


またその家庭家庭が持っている経済状況も影響します。

一般的に社会人になるまで、高校生までと言われていますが、
親戚同士の間で自分の子供がもらっていた年齢までと言うケースもあるようです。


もらうほうは何時までも貰っていたいですが、
お年玉を出す親の方は上げる子供の家族との付き合いを考え、
お年玉を何時まで上げるかを決めているようです。

 

スポンサーリンク



 

お年玉の年齢ランキング?


 
お年玉のランキングとして上がっているのが、
祖父母からはゼロ歳児から社会人まで、また甥や姪といった親戚、
親しい友人の子供には現金の意味がわかる幼稚園児位から、
自分の子供が貰っていた年齢までと言うのが多いようです。


でもお年玉は愛情表現の一つでもあります。

普段なかなか一緒にいられない孫などに対して遠慮なく渡せるのがお年玉。
一生懸命勉強した子、努力している子供には
たまにはサプライズがあっても良いのではと思ってしまいます。

また年を取った親に対して子供が感謝の気持ちをこめて渡すお年玉、
これは渡すほうも貰うほうも嬉しいものだと思います。

 

まとめ


 
お年玉は何歳まで?いつまであげるべき?
ランキング公開!はいかがでしたでしょうか。

お年玉をあげる方も、もらう方も様々ですが、
お年玉はもらえると嬉しくなるものですよね!

参考にして頂けたなら嬉しいです♪

 

スポンサーリンク



 

 - 年末年始