インフルエンザに感染!?いつまでうつる可能性あり?隔離する必要性は? |

インフルエンザに感染!?いつまでうつる可能性あり?隔離する必要性は?

      2015/10/20

6d996a37ae3c08e6b812d6816652bded_s

毎年秋から冬への季節の変わり目に話題になるインフルエンザ。

学校で子供が貰ってきたり、仕事場で移ったりと、
インフルエンザウイルスが人を介して移る感染症の一つです。

 
インフルエンザの一般的な症状は38度以上の熱、
熱による関節痛やだるさそれにのどの痛みや、鼻水が出るなどの症状です。


私たちのからだには免疫力と値全治癒力がありますが、
これは人によって大きな差があります。

免疫力があまりない小さい子供やお年寄りは特に気をつけ必要があるようです。

 
また年齢に関係なく心臓疾患や、
呼吸器疾患また腎臓疾患がある人はインフルエンザに感染し、
重症化すると死亡すると言った話も聞きます。

 
インフルエンザの感染経路は、
感染した人が咳をする事で飛沫したインフルエンザウイルスを
吸い込んでしまう飛沫感染と、ウイルス自体に触れてしまい
それが口や粘膜を通して感染する接触感染があります。

 
インフルエンザの感染力は強く、
そのために一度流行すると学級封鎖に繋がる学校では、
インフルエンザの感染を避けるために手洗いの奨励はもちろん、
インフルエンザにかかったクラスメイトを感染期間の間隔離するケースも出てきます。

 

スポンサーリンク



 

インフルエンザって何時まで移る可能性があるの?隔離したほうが良いの?


 
もしもインフルエンザに掛かったら、
栄養を十分に取りできるだけ
水分を補給して治療をする事ははもちろん、
他の人に感染しないようにする事が大切です。

インフルエンザの家族がいれば手洗いを徹底させ、
インフルエンザ保持者は咳をする時には口を大きく開けないようにする事で
他の人に感染するのを避けることが出来ます。

もちろん人が多い場所には出かけずに家の中で隔離することになります。

熱が下がり体調が良くなったからと学校や、
仕事に出かけてしまうと多くの人に移してしまいます。
熱が下がった後も2-3日ほどは自宅で隔離しておいた方が良いようです。

 
インフルエンザの感染力は強く、
熱が下がっても2-3日は体内にそのウイルスが留まっています。

インフルエンザに感染し他の人に感染させる可能性があるのは、
発病直後から後5日から1週間と言われています。


この間はたとえ熱がさがっても学校や会社を休み、
自宅で安静にしていた方が良いようです。

 
また家庭内でもインフルエンザ保持者はマスクをして咳などによる飛沫を避け、
患者以外の家族は手洗いやうがいを徹底させるなど
家庭内隔離を行ったほうが良いようです。

会社によってはインフルエンザに感染した場合、
復帰に関して医師の診断書が必要などの決まりを作っている所もあるので
チェックしておいたほうが良いでしょう。

 

スポンサーリンク



 

まとめ


 
インフルエンザはきちんと予防をしないと、
家庭内の一人が感染すると
あっという間に家族全員に移ってしまいます。

また学校や会社などでも手洗いやうがいを徹底していても
感染してしまうケースは多々あります。

 
インフルエンザの流行に関係なく普段から手洗いやうがいを徹底し、
席をするときには口を隠すなどを習慣化させておくのが良いようです。


 

スポンサーリンク



 

 - インフルエンザ