七草粥にカロリーはあるの?ダイエット、美容効果はバツグン?! |

七草粥にカロリーはあるの?ダイエット、美容効果はバツグン?!

   

8ede872c9ade8f369a0845ecf2f8c375_s


 
七草粥を食べる習慣は
今でも日本のあちこちに残っていますし、
この言葉を知らない人もいないことでしょう。

 
例年この七草粥を食べるのは、
1月7日というふうに決まっています。


古くから伝わる日本の風習で、
これから一年間の無病息災を願って食べるものです。

 
それなら何故元日にしないのかということなのですが、
元日からの正月はおせち料理などを食べることになっていますので、
いわば年末年始に食べるごちそうで疲弊した腸の働きを
整える役目もあるということです。

 
これは実際に理にかなっていると思うのですが、
他にも女性にとってはダイエット効果、
はたまた美容効果もあるということですから嬉しくなってきます。


 

スポンサーリンク



 

七草粥とは?


 
七草粥とは、
セリ、ナズナ、スズナ、スズシロ、ホトケノザ、
ゴギョウ、ハコベラといった
7つの野草をお粥にした食べ物です。


 
これがクイズに出ることもあるのですが、
春の七草とは違って覚えにくいものばかりですね。

今では自然の中で探すほうが大変ですので、
スーパーでまとめて売っているものを購入するようになるでしょう。

 
これらの七草には、
全体的にカロリーというよりも基本は野草ですから、
ビタミン各種、カルシウム、カロチン、鉄分などが
バランスよく含まれているのです。


この七草を食べることで、
体内の新陳代謝を活発にしてくれます。


 
七草粥のレシピ▼


 
おせち料理を食べ過ぎてなおかつ便秘になる
という女性も多いかもしれません。

重い体をひきずっての仕事始めという人もいるようでしたら、
七草粥でしっかりと便秘を解消しましょう。

 
また、栄養面でバランスが取れていますし、
カロリーもそれほどありませんから
ダイエットとデトックスの両方に効果があると
言われるのはそのためなのです。

 
古くからの健康だけでなく、
女性にとってもうれしい美容にも効果を発揮してくれる
七草粥はありがたいですね。

元がどこにでもある野草ですから、
精進料理みたいなものと考えてもいいでほう。
七草はクセがないものが多いです。

 
野草だから固いと思ってあまりぐつぐつと煮過ぎないようにして、
七草の風味を生かした調理をして食べるようにしたいものです。

 

スポンサーリンク



 

七草の栄養素と効能


 
七草粥の栄養素とその効能についてです。

 
・セリ
 ビタミンA、B群、鉄分やカリウムが豊富です。
 さらに目の充血やめまいを予防してくれます。

・ナズナ
 消化を整えて利尿作用があるので、
 新陳代謝を促進して体のむくみがとれます。

・ゴギョウ
 胃腸などの内臓を健康にしてくれ、
 さらに咳を沈める働きがあります。

・ハコベラ
 ミネラルが多く胃炎や胃弱に効果があります。

・ホトケノザ
 筋肉の痛みをやわらげて、
 さらには高血圧にも効果があります。

・スズナ(かぶ)
 冷えによる腹痛を防いでくれます。
 さらに風邪予防にも効果があります。

・スズシロ(大根)
 ジアスターゼ(アミラーゼ)が胃腸を整えてくれます。


 
七草は様々なビタミンが含まれているので
不足しがちな栄養素を補ってくれるのです。

 
特に豊富なビタミンやカリウムの効果で、
体のむくみの解消してくれるのでその点での
美容効果が期待できるのが大きいですよ。


また、食べ物から得られる栄養素のほとんどがほとんどは小腸で吸収されますし、
七草を栄養素を破壊することなくお粥でいただくことにも大きな意味があるのです。

 
1月7日には、七草粥を食べて家族全員の一年の健康を祈りましょう。

 

スポンサーリンク



 

 - 日々の疑問