冬の寝汗は要注意?!寝汗の原因と対策方法をまとめました! |

冬の寝汗は要注意?!寝汗の原因と対策方法をまとめました!

   

4cda97b5dd8dab10b6348082352800b1_s


 
寝汗と聞くと真夏の暑苦しい時期のものというふうに思います。

 
でも実は冬の方が寝汗はひどいのでは?
という経験をお持ちの人もいるのではないでしょうか?

そこで「冬なのになぜこんなに寝汗がひどいの?
という疑問について考えてみました。

 
寝汗の原因と対策方法についてまとめてみます。

 

スポンサーリンク



 

冬の寝汗の原因とは?


 
まずは寝具です。

寒い冬場はどうしても寝具が多くなりがちになります。

そのため毛布や布団に邪魔されて、
汗が放出されにくくなってしまうということが考えられます。

 
そのようなことが思い当たる人でしたら、
毛布よりも汗を吸収しやすいタオルケットなどを
毛布と身体の間にかけて眠るなどの方法を試すようにしましょう。


 
冬の寒い夜は布団をかけがちですが、
すぐに体温が上がるので寝汗をかきやすくなります。

そして、温まった状態で眠ることでも寝汗をかきやすくなるのです。


 
寒いのでお風呂にしっかりつかった後に、
体がポカポカの状態で布団に入ってしまうと寝汗を書きやすくなります。


 
このように案外普通の理由で多くの人は
寝汗をかいてしまっているパターンが多いかもしれないですね。

本来、睡眠中にはコップ1杯分の汗をかくとも言われています。

 
人間の身体は眠りに入ると体温を下げようとします。

その時、体温調節のために寝汗が出るという働きがあるのです。
これは通常の人間の生理現象といえるものです。

 

スポンサーリンク



 

寝汗が続く場合は身体の異変が考えられます


 
汗の量が多く、その状態が何日も続くといった場合は、
身体の異変を知らせるシグナルということも考えられます。

 
たとえば、男性の場合だと、
ストレスや更年期障害などが考えられますし、
女性の場合でしたら、
やはりホルモンバランスに注意ということでしょう。


 
冬の寝汗がひどいと言っても人によって汗をかく場所が違ったりするでしょう。

頭部や首から上半身にかけてというタイプ、
下半身だけひどい汗をかいてしまったというケースなど、
それぞれの場所によって寝汗の原因に違いはあるのです。

 

首や上半身の寝汗


 
普段は特に汗かきというわけでもないのですが、
眠っている時にしかも冬なのに
やたら首周辺にひどい寝汗をかいてしまう、
そのような人は甲状腺に問題があるかもしれません。

 
女性に圧倒的に多いと言われる甲状腺異常です。
出産後や更年期などに起こるケースがあります。


全身のホルモンバランスを司る器官が甲状腺で、
喉仏の近くにあるのです。

 
この甲状腺で異常が生じてしまうと
ホルモンバランスが崩れてしまい
自律神経にも大きな影響を与えてしまうことがあります。

 
自律神経には交感神経と副交感神経があり、
このふたつのホルモンバランスが崩れてしまうと汗をかいて、
中枢の反応が過敏になってしまって、
冬に寝汗がひどい状態になるのです。


 

下半身の寝汗


 
これも女性の方が多く大半の原因は
生理周期によるものや妊娠中などによるものです。


このような時もやはりホルモンバランスが
乱れやすくなっているためでしょう。

 
もちろん男性の場合でも甲状腺異常や
ホルモンバランスの崩れといった原因で
寝汗が多くなることがあります。

 
ですので、寝汗は決して女性だけというわけではないのです。

 
ここまでで寝汗の大きな要因のひとつが
『ホルモンバランスの崩れ』ということがわかりました。


そして自律神経に支障をきたしてしまうと
ホルモンバランスも崩れてしまうということなのです。


 

スポンサーリンク



 

 - 身体の気になる疑問