おせち料理の由来や意味、いつ食べるの?お正月の習慣をまとめました! |

おせち料理の由来や意味、いつ食べるの?お正月の習慣をまとめました!

   

6c3d58466b9ea9ceda105134bc237a46_s


 
お正月の料理といえおせち料理です。

 
家族がそろって食事を取る習慣ですが、
今ではお店に頼んで配達してもらう家庭も増えてきているようです。

お正月に欠かせない料理なのですが、
そもそもおせち料理の由来というものはどういったものなのでしょうか。


 
その意味も含めて調べてみました。

さらにお正月の習慣などもわかってきましたよ。

 
今ではおせち料理がなければ
お正月の雰囲気もだいなしといったものでしょう。


なくてもなんとかなるのですが、やはり物足りない気がします。

 

スポンサーリンク



 

日本人には欠かせないおせち料理の意味や由来


 
さらにおせち料理はいつ食べればいいのでしょうか。

基本的に、家庭でおせち料理を作る場合は、
年末の間に準備をしておくことが一般的です。

というよりもほとんど完成しているといってもいいでしょう。


 
できるだけたくさん作って正月3が日でそれらを食べ尽くす
というイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。


大抵古くからそのようなイメージがおせち料理にはあります。

 
「おせち」とは、本来、暦上の節句のことを指します。
季節の変わり目とされる「節」に神に供え物をして、
宴を開く際の宮中料理という意味なのです。


その時に食べる料理は「御節供料理」と呼ばれていました。

 
他の様々な例にもあるように、
そのうちにこの風習が庶民にもひろがっていって、
一番目の節句であるお正月に食べる料理を
「おせち料理」と呼ぶようになったのです。

 
昔の人は、おせち料理に
「家内安全、豊作、子孫繁栄」などの願いを込めていたそうです。


というよりもこの三つが生活の全てであった時代ですから
当然といえば当然のことですね。


 
現代でも同じように願いがこもった食材を
用意しお重に詰めていいきますので、
家族を思う気持ちは昔も今も変わらない、ということなのでしょう。

 

スポンサーリンク



 

お重にも意味あり


 
おせち料理と言えば重箱ですが、
「めでたさを重ねる」という縁起を担いで
重箱に詰めているのです。


 
もっとも重箱自体にそのような意味があります。
おせち料理は1年の始まりに相応しい
縁起の良い食べ物ということですね。

 
昔は正月3が日はどこのお店も閉まっていましたから、
どこの家庭も自前の料理で3が日を過ごさなくてはいけませんでした。

そのために年末の3日間くらいで、しっかりと下ごしらえをして、
家族全員そして、来客の分も含めて
たくさんのおせち料理を作っていたのです。

 
一つ一つの皿に料理を盛っていては場所も取りますから、
省スペースのために重箱を使うようになったという説も
あながちウソではないようです。



 
それが、今では元日からスーパーが開いていたりしますから、
それほどおせち料理に対して
たくさん作らなくてはいけないというようにならなくなったようです。

 
とくに元日からおせち料理がスーパーに並んでいますから
それを買ってくるという家庭も多いですし、
仕出し屋などからおせち料理を注文して届けてもらう
家庭も多くなってきているようです。

 
高いという意見もありますが、残さず食べることと、
好きなものを注文できるので、無駄もありませんし、
却って安上がりではないでしょうか。


 
もっとも昔は、三が日くらいは主婦を休ませてあげよう
という意味もあったようですから、

おせち料理をつつきながら三が日は
ゆったりと過ごすということが
昔からの習慣だったということですね。


 

スポンサーリンク



 

 - 年末年始