初夢はいつ見る夢の事?縁起の良い夢を見るためには?! |

初夢はいつ見る夢の事?縁起の良い夢を見るためには?!

   

a8f5dde5ab70917635a8316360293c1c_s


 
初夢、何日に見る夢を言うの?

 
お正月になると初詣に行き新しい年の成功をお祈りします。

そして夜寝るときにはどんな初夢を見るのか、
わくわくしながら眠りに付く人も多いのではないでしょうか。

初夢の内容からその年の予想をする事から、
初夢に色々な言い伝えが出てきています。

 
最も有名なのが「一富士、二鷹、三茄子」。

初夢は1月1日から2日に掛けての夜に見るもの、
1月2日から3日に掛けての夜に見るものを
初夢と認識しているようです。


 

スポンサーリンク



 

初夢、意味はどうなっているの?


 
もともと夢はその時、その時の自分の願望や
抱えているプレッシャーなどが表れると言います。

さてこの「一富士、二鷹、三茄子」ですが、
どんな意味があるでしょうか。

 
この言い伝えは江戸時代、
天下を取った徳川家康にあやかろうと家康が好きな富士山、
鷹狩りそして初茄子の3つから取られたと言う説があります。

 
また富士は日本一の山、
鷹は空に上って運気が上がり
茄子は「事を成す」と言う言い回しもあります。


でもこれだと夢の中に富士山、鷹、茄子が
一緒に出てこないといけませんよね。

 
一般的に富士山は日本で1番高い山、
そして綺麗に山すそが広がっている事から
子孫のや商売がすそ広がりに広がり繁栄すると言う意味があります。

二鷹は鷹が空に向かって上昇する様子が運気上昇を意味します。

茄子は茄子と座頭は毛が無いことから
「怪我がない」と家内安全を意味すると言われています。



 
この一富士二鷹三茄子の後には四扇五煙草六座頭が続きます。

これは4番目の扇、富士山と同じ様に扇の形がすそ広がりで子孫繁栄、
五番目の煙草は鷹と同じで煙が上に上昇することから運気上昇、
そして6番目の座頭は茄子と同じで毛が無いことから家内安全と言われています。

 
ことわざに関係なく良い夢が見たいですよね。
逆に悪い初夢の言い伝えとして四葬式、五火事と言うものあります。

 

スポンサーリンク



 

どうしたら良い初夢が見れるの?


 
どんな夢を見るかをコントロールすることは出来ませんが、
出来れば縁起の良い夢を見たいものです。

 
昔の人は縁起の良い初夢を見るために、
七福神を乗せた宝船の絵を枕の下において寝たと言います。


なんだか7人の福の神が良い夢を運んでくれそうですね。

 
万が一悪い夢を見てもその絵を川に流すことで、
水に流すと悪い運気を取り除けると思っていたようです。


現在では近くに川が無くとも水に流すと良いと。

 
これをしたからと良い初夢が見れると言う事は残念ながら無いようです。

でも悪い夢を見ても午前中に他人に夢の内容を話す、
「夕べの夢は獏に上げます」と3回唱えるなど
色々な方法でそれを避けることが出来ます。


 
一年の最初に見る夢、
どんな夢か楽しみですがお酒を飲みすぎて
夢を見る間も無かったと言う人もいるのでは。

久しぶりに会う家族や会食であまり無理をせずに、
適度に運動して良い夢を見れるようにしたいですね。

 

スポンサーリンク



 

 - 年末年始