七草粥の由来、意味って何なの?七草の種類を一挙公開! |

七草粥の由来、意味って何なの?七草の種類を一挙公開!

   

b707eafabf485c7290d36f693a69f6a9_s


 
新しい年が明けてしばらくすると、
七草粥を食べますよね!

なぜ、この時期にお粥を食べるのでしょうか?

 
また、ただのお粥ではなくて
七草粥を食べる意味は何なのでしょうか?

そしてその由来や七草の種類も気になります。

 
そこで今回は、
この七草粥の由来や意味について、
また七草の種類を一挙公開したいと思います。


 

スポンサーリンク



 

七草粥とは?なぜ七草粥を食べるのか?!


 
七草粥とは、1月7日の朝に
食べる日本の行事食とされています。


 
なぜ七草粥を食べるのかと言うと

七草粥に使われている七草は
邪気を払うとされているので、
今年一年の健康や平和を込めて、
1月7日に食べるとされているのです。


 
また、年末年始はお節料理を食べますので
一度胃を休める為にもお粥が良く、
七草粥を食べることによって

日常の食事に戻る区切りとしても
食べるようになっているのです。


 
このように七草粥を、
1月7日に食べるのにはちゃんと
色々な意味があるようですね。

 

スポンサーリンク



 

七草粥の由来や意味とは何なのか?


 
七草粥の由来や意味についてですが、

七草粥が伝わってきたのは、
平安時代の頃からとされています。


 
元々は中国から伝わってきたものですが、
室町時代の頃から日本文化の影響を受けて
お粥を食べるようになってきたとされています。

そして、江戸時代になると
”人日の節句”として五節句と定められ
定着していったようです。


 

七草粥の種類を一挙公開


 
それでは、春の七草の種類をお伝えします。

・せり
・ごぎょう
・はこべら
・すずな
・すずしろ
・ほとけのざ
・なずな


の七種類です。

 
実際にどのような実物なのか、
動画だと分かりやすいので載せますね。

 
春の七草▼



 
もちろん、
それぞれに意味や効果があります。

 
・せり

せりは七草粥を食べる以外でも
鍋料理やお浸し等で食べられています。

 
・おぎょう

おぎょうは、ごぎょうとも言います。
キク科の植物です。

 
・はこべら

はこべらもせりと同じように
お浸しとしても食べられています。
また、小鳥のエサとしても使われています。

 
・すずな

すずなとは皆さんもご存じの
カブのことをいいます。

 
・すずしろ

すずしろは、こちらも皆さんご存知の
大根のことをいいます。

 
・ほとけのざ

ほとけのざとしての種類としては、
食用として食べられているのは
キク科の黄色い花を咲かせる種類のようです。

 
・なずな

なずなと言えばぺんぺん草ですね。
かつては冬の貴重な食材として
親しまれてきました。


 
以上が、七草の種類になります。

 
今回は、七草粥の由来や意味について。
また、七草の種類を公開しました。


お正月の食べすぎて弱った胃に
七草粥は優しく野菜も摂れていいものでしょう。

 
ぜひ1月7日は七草粥を食べてみて下さいね!

 

スポンサーリンク



 

 - 年末年始