ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違いは?電気代、暖かさを比較してまとめました! |

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違いは?電気代、暖かさを比較してまとめました!

   

31e483096b6204fb2002cf36ed340bf3_s


 
新しく暖房器具を購入しようと思ったものの、
どれを選択しようか悩んでしまうこともあるはず。

 
特に悩みがちなのがハロゲンヒーターと
カーボンヒーターではどちらが良いのか?
ということではないでしょうか。


 
それぞれの特徴を知っておけば
自分にとって最適なのはどちらなのかわかるはずです。


 
見た目的にはそれほど変わりはありませんが、
電気代や暖かさにどのような違いがあるのかについてご紹介します。


 

スポンサーリンク



 

ハロゲンヒーターの特徴


 
ハロゲンヒーターは、
ハロゲンランプという発熱体を使っている暖房器具で、
その中に入っているニクロム線というものに
電気を流して発熱させることにより、暖かくなる仕組みです。

 
基本はカーボンヒーターと同じく遠赤外線ヒーターなのですが、
スイッチを入れるとすぐに暖かさを感じられるというのが
魅力だといえるでしょう。

寒い日に外から帰ってきてすぐに温まりたいという方には
ハロゲンヒーターが向いています。



 
デメリットとして知っておきたいのは電気代がかかってしまうということ。

 
エアコンは電気代がかかるから
ハロゲンヒーターに乗り換えたという方もいるようですが、
ハロゲンヒーターを使うとエアコンを使うのと同等の
電気代がかかってしまいます。

そのため、帰宅したらすぐに
手足を温めたいという場合には向いているものの、
メインの暖房器具として使うのには
あまりおすすめできないと言えるかもしれません。

 
実際に、ハロゲンヒーターに切り替えたところ
翌月にびっくりするような電気代が
請求されてしまったという方もいるようです。


 
たまに使う程度であれば良いかもしれませんが、
消費電力が大きいということは理解しておきましょう。


 

スポンサーリンク



 

カーボンヒーターの特徴


 
カーボンヒーターの場合も
遠赤外線ヒーターであることに変わりはないのですが、
発熱体には炭素繊維の化合物が使われているというのが
ハロゲンヒーターとの大きな違いです。

 
ハロゲンヒーターは電気代がかかってしまうとご紹介しましたが、
カーボンヒーターの場合はそれほどかかりません。


ハロゲンヒーターに比べるとカーボンヒーターの消費電力は
2分の1程度だと言われているのでしっかり暖めてくれるでしょう。


 
だからといって温かさも半分ということになると問題ではありますが、
実は、赤外線放射量もハロゲンヒーターの2倍であるため、
とても温かいのが魅力です。

 
それだけでなく、ハロゲンヒーターと同じように
スイッチを入れたらすぐに暖かさを感じるので、
ハロゲンヒーターよりも魅力が大きいといえるでしょう。

しかしながら、本体の価格が高いのです。

 
長期的に使うことを考えるとカーボンヒーターの方がお得なのですが、
初期費用の問題からハロゲンヒーターを選択しているという方もいます。

 
そこで、それぞれを使い分けるのがおすすめです。

 

それぞれの違いを活かして活用


 
それぞれの違いとしては消費電力の違い、
商品価格の違いなどが挙げられます。

 
冷え切った手足を温めるのにはハロゲンヒーターを使い、
ある程度落ち着いたらカーボンヒーターに切り替えるというのが良いですね。


 
どちらの場合も火を使わない暖房器具であるため、
空気が汚れてしまうようなことはありません。

スポット暖房であるため、
部屋全体を暖めるのにはまきませんが、
それぞれの違いをチェックした上で商品選びをしましょう。

 

スポンサーリンク



 

 - 日々の疑問