成人式(成人の日)の由来、歴史についてまとめました! |

成人式(成人の日)の由来、歴史についてまとめました!

   

59d72bb27f78ec499eec355fdd69bd02_s


 
成人式といえば、
成人になったお祝いをする日

そんなイメージが強いものですよね!

 
しかし、なぜ成人になった事を祝うのでしょうか?
また、なぜ集まって式を行う必要があるのでしょうか?


当たり前に行っている儀式ですが、
深く考えてみると疑問が多くありますよね。

 
それで今回は、成人式(成人の日)の由来や
歴史などについてまとめてみました。


 

スポンサーリンク



 

成人式とは?また、その由来について


 
成人式は1月の第2月曜日になっていますが
2000年以前は1月15日でした。


これはハッピーマンデー法が適応され
祝日が移動されたことになります。

 
ハッピーマンデー法では、
特定の日付ではなくて曜日で祝日になるので
成人式は、1月の第2月曜日となっています。


 
この為、成人式が行われるのは
必ず三連休ということになりますよね。

準備もあるので開催する法も、
参加する方も三連休だとありがたいものです。


 
次に成人式の由来ですが、
これは大人になったことを自覚して
自らの力で生きていってほしいと青年を励ます
お祝いの日ということになります。


 
このように儀式があることで、
若者も大人の自覚を持っていけるものですしね。


 

スポンサーリンク



 

成人式はいつから始まったの?その歴史について


 
成人式が行られるようになったのは、
1946年からと言われています。


そして、初めて日本で成人式が行われた場所が
埼玉県蕨市です。

 
この頃、戦後だったこともあり
厳しい社会情勢の中、若者を励まそうとして
成人式(青年際)を行いました。


その成人式(青年際)が好評だったので、
全国的にも普及させようという運動も起こり
今では成人の日と制定され、祝日となりました。

 
このように成人の日としての歴史は、
意外と浅いようではありますが、
昔から大人への通過儀礼はあったようです。

それは、”元服”と呼ばれていた儀式で
16歳の男子が大人の髪型へ替えるものです。


 
また、女子の場合は”裳着”と呼ばれている
通過儀礼があり、これは主に位の高いとされている
家柄の女子が行っていたようです。


どちらとも家柄の高い方々の通過儀礼でしたが、
一般大衆ではちょっと違った儀式があり、
それは、褌祝と呼ばれているものでした。

 
このように昔から大人になる儀式は
行られていたようです。


 

成人式は必ず参加しないといけないものなの?!


 
成人式には必ず参加しないと
いけないものなのでしょうか…?


中には色々な事情で行けない人や、
行きたくないと思っている人もいますよね。

 
成人式は必ず参加しないといけないと
いうことはないようです。


実際の参加率も80%位と意外と
行かない人もいるようです。

大学の勉強が忙しかったり
仕事があったり
地元に帰るのが大変だったりと
色々と参加しない理由もあるようです。

 
以上、成人式の由来や歴史について
まとめてみました。


 

スポンサーリンク



 

 - 成人式