スタッドレスタイヤの交換時期は?寿命が長い製品は?性能別に比較しました! |

スタッドレスタイヤの交換時期は?寿命が長い製品は?性能別に比較しました!

   

c90b0e27608ec678de7b2abb3b24904a_s


 
スタッドレスタイヤとは?

 
ノーマルのタイヤで走っていると、
雪が降っている場所や凍結している所では滑りやすく、
ほんのちょっとの判断ミスが大きな事故に繋がります。

 
雪が多い地域、道路が凍結する地域では
冬が近づいてくるとノーマルタイヤから
スタッドレスタイヤに交換します。



 
このスタッドレスタイヤはタイヤのゴムの表面に細かい切込みを入れ、
路面を引っ掛けることで滑りやすい凍結した路面や雪の上でも、
グリップを確保できるようになっています。

外気の気温が下がるとノーマルタイヤは硬くなり、
走行中に路面に接地する面積が少なくなり、
バランスが取りずらくコントロールが出来なくなります。

 
スタッドレスタイヤは柔軟性が高く気温が下がっても
路面への接地する部分が変わらずに、
雪道でも安定した運転が出来るものです。


 
雪が降る山間部や凍結する地域では、
このスタッドレスタイヤがないと冬を越せないと言っても
過言ではないかも知れません。


 

スポンサーリンク



 

スタッドレスタイヤの交換時期は?


 
毎年初雪、道路の凍結の季節を目安に
ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに交換します。

初雪が降る頃には
スタッドレスタイヤの運転に慣れているように、
天気予報を見ながら地面が凍結、
雪が降る始める前にスレッドタイヤに変える人が多いようです。



 
逆にスタッドレスタイヤから
ノーマルタイヤに変えるのは最後の雪が降る頃を目安とします。

雪の季節が終わり、気温が高くなってく
もスタッドレスタイヤで運転をしていると、
せっかくのタイヤの表面の切れ込みや溝が変形し、
またブレーキの性能が落ちてくるからです。


 
また面倒だからとそのまま夏になっても
スタッドレスタイヤで運転してると、
ただでさえ柔軟性があるゴムがさらにやわらかい状態になり、
雨で濡れた路面では摩擦力が減少しスリップしやすく、
大きな事故に繋がります。

最後の雪を目安にノーマルタイヤに交換したほうが良いようです。

 

スポンサーリンク



 

どの製品が寿命が長い?スタッドレスタイヤの選び方は?


 
雪道を安全に走るためにあるスタッドレスタイヤ。

しかし寿命が過ぎた後も
運転して事故を起こしてはどうしようもありあません。


スタッドレスの寿命は私たちがタイヤを見て判断しやすいように、
タイヤの溝の数箇所にプラットフォームを呼ばれるマークが付いています。

このマークは▲です。


 
このマークは新品の状態で溝の深さ50%の所にはめ込まれており、
スレッドレスタイヤで走行し、
タイヤのゴムの部分が摩擦によって磨り減り、
このマークが露出すると安心して運転できないと言う事を知らせるマークです。

スタッドレスタイヤの寿命はその走行距離によっても違ってきますが、
使っていない間の保管状況でも寿命が変わってきます。

野外の直射日光が当たる場所で保管したりすると、
ゴムの劣化がはげしく寿命が早まると言います。


 
このような事からどこの製品が寿命が長いと判断することは難しいです。

一般的にタイヤの製造年月日から
3年から5年の間に寿命が来ると言われています。



 
雪が多いエリアでは雪道、
凍結した道路での走行性に重点が置かれているもの、
雪は降らないが念のためにスタッドレスタイヤを付けたいという人は
乾燥した路面から雪道まで幅広くカバーできる
スタッドレスタイヤを選ぶ方が良いでしょう。

 
ネットで安いスタッドレスタイヤもたくさんありますが、
一番最初に購入する場合は地域のタイヤショップで
説明を受けて購入したほうが安全だと思います。


 

スポンサーリンク



 

 -