軟骨ピアスの痛みを和らげる開け方とは?痛みを感じた時の改善法をまとめました! |

軟骨ピアスの痛みを和らげる開け方とは?痛みを感じた時の改善法をまとめました!

   

a52e04b3da3279a609c5da30c56b06f7_s


 
おしゃれな人はいろいろな所にピアスを開けていますが、
軟骨ピアスが気になっているという方も多いはず。


 
ですが、耳たぶに開けるのとは違い、
かなり痛いのではないかと心配になってしまいますよね。

結論から言ってしまうと、
痛みの感じ方には個人差があります。

同じ位置に開けているのに全く痛くなかったという人もいれば、
痛みに耐えられなくてすぐに取り外してしまったという人もいるのです。


 
そこで、軟骨ピアスを開ける際に痛みを感じにくくする方法、
そして、開けた後に感じる痛みを和らげる方法などについてご紹介しましょう。


 

スポンサーリンク



 

軟骨ピアスの開け方


 
まずは正しい軟骨ピアスの開け方からチェックしておきましょう。

 
雑貨屋さんなどで販売されているピアッサーを買ってきて
開ければいいんじゃないの?と思っている方も多いかと思いますが、
いくつか注意しておかなければならないことがあります。

 
耳たぶに開ける場合はピアッサーを使った方法が一般的ではありますが、
軟骨の場合はこのほかにニードルを使った方法もあるので、
どちらが自分に合っているのか考えてみましょう。



 
まず、ピアッサーを使う場合についでですが、
耳たぶ用と軟骨用では使うべきピアッサーが違います。


 
誤って軟骨のピアスを開けるのに耳たぶ用のピアッサーを使ってしまうと
うまく開けられないことも多いので注意しましょう。

ピアッサーの方が手軽なような気がするかもしれませんが、
穴が斜めになってしまったり、化膿しやすいというデメリットを持っています。

 
そこで、これから軟骨ピアスを開けようと思っている方は
太めの注射針のようになっているニードルを使った開け方を
検討してみると良いでしょう。

雑貨屋などではなかなか手に入らないかもしれませんが、
通販などでも購入できます。

 
こちらはピアッサーに比べて綺麗な穴が開けられるとされているのですが、
自分で行うよりも誰かに協力してもらった方がやりやすいです。

 
参考までに動画も載せておきます▼



 
どちらも基本的にやり方は同じで、
穴を開けたい部分に対してまっすぐ入れてやるということ。

ニードルを使う場合はしっかり消毒し、
痛みを感じにくくするためにも先端にワセリンか軟膏を塗った上で行います。


 
どうしても怖い、または不安があるという場合は
医療機関で軟骨ピアスを取り扱っているところを探し、
開けてもらうと良いですね。


 

スポンサーリンク



 

軟骨ピアスの痛みを和らげる方法


 
まず、よく聞くのが氷で冷やしてから開けると
痛みを感じにくくなるという話が有名です。

 
ですが、実はそれほど変わりはないと言われています。

それだけでなく皮膚が硬くなって
ピアスの穴が開きにくくなってしまうと言われているので、
氷を使う場合は穴を開けた後に
熱くなった患部を冷やす目的で使った方が良いでしょう。

 
患部を冷やすというのは痛みを感じた時の基本的な対策でもあります。

保冷剤などを使う場合には直接当てるのではなく、
ガーゼなどで包みましょう。

 
また、開けた後に痛くなってしまった場合は
ホットソークもうおすすめです。


これは、40度くらいのお湯を200cc程コップに入れ、
0.8gの天然塩加えます。

これに患部を15分ほど浸すというもの。
お湯がぬるくなったら温かいものと交換しましょう。

15分経ったらお湯で洗い流すだけで痛みがかなり和らぎます。

ただ、毎日やるのは避けた方が良いので、
週1回を目安に行うと良いでしょう。


 
どうしても痛みがひどい場合は病院に相談に行った方が良いです。


その場合はやり直しをする形になってしまうかもしれませんが、
開け方に失敗している可能性もあるので、
耐え切れない痛みがあるのであれば無理をして装着し続けるのではなく、
病院で相談をしながら対策を決めましょう。

 

スポンサーリンク



 

 - 身体の気になる疑問